気づけば7月

テーマ:

きがつけば、あっという間に7月。

なんと、今年ももう 半年が終わったわけです^^;


振り返ると仕事で、九州中移動していたし、

子供会の役員にも「つい」なってしまって

忙しかった(><)


下の子は1年生になったと思ったら、

もう1学期も終わる勢いだし…。

本当に 時間の過ぎるのは早いと感じます。


みなさんにとっては、どんな1/2年でしたか?


AD

リサイクル♪

テーマ:

明日は、我が家でとっている新聞のリサイクルデー♪

月に一回、雨が降っても収集に来てくれます。

回収します

いつから始まったのか覚えていないけど、

こういうのってすごく良いですよね。


燃えるごみで燃やしてしまうのではなくて、

また何かに生まれ変わるっていうの。


ただ、我が家ではむすぶ紐がナイロンだったりするので、

このビニール紐はどうするの?いっこいっこ切り取るの?・・・と余計なお世話を考えてしまう。

某Y紙みたいに収集用に広告と一緒に紙の袋を折り込んでくれればいいのだけど。


横着言わないで紙の紐にしろ~って声も聞こえそうだけど、

横着な一般の人々は、お金も手間もかけないと、

なかなかエコな暮らしができません(u_u*)

リサイクル紙でリサイクル袋作って配ってくれないかな~

AD

6月はじめてのカキコ

テーマ:

気が乗らなくて、ずっと書き込んでいなかったら、6月も終わりそうです。みんなまじめに毎日書いていてすごいなぁ…。ネタにはことかかないのだけれど、ネコ型人間の私は、なかなか”継続は力なり”とはいきません。気が向いたときにダ~っと…という書き方がストレスが無くてよいです。

 そういうことで、5月末から6月20日の間の記事は、さかのぼりがきです。


バラに来たセマダラコガネ


 

先日、朝の”みのもんた”の番組で、『昨年から”ふんどし”のブームが来ている』『今年の夏は、ノーネクタイでふんどし…か?おそろしい世の中だね~』なんていっていたけれど、ホント…あちことで、”ふんどし”のニュースを見かけるようになりました(/-\)いやーん


今日も、アメブロのニュースで目に付いたし、毎日新聞の雑記にも(ココ→ )『「ふんどし」が今夏の目玉商品 東京・銀座』って記事が…。


う~ん…子供が裸で”ふんどし”してる分にはカワユイかもしれないけど、大人はどういう場面で着用するの??? 私は、夫が家でくつろぎながら”ふんどし”姿だったら嫌だな…o(><)(;><)o ジタバタ まさか会社に着用して行ったりしないでしょうね…うーん、気になりだすと妄想はとどまる事を知らないA^-^;)



若い人は茶髪から黒髪への回帰が増えているというし、日本の伝統や日本(アジア?)人の持つ良さを見直す動きは良いことだと思うけれど、理屈が知りたい私は、気になる~(笑)

坂道で乗って来たのは?

テーマ:

桜


桜桜の季節になると思い出す、、、不思議な(怖い?)話なのですが・・・



独身時代の私は、プログラマーをしていたことがあります。そこで、納期が迫ると残業で、遅く遅くなることがあり、その日も11時近かったのではないでしょうか。桜が綺麗なS公園を愛車(車自転車♥)で通ろうとしていました。自宅に帰るには下り坂のそこを通るのが楽チン♪なのです。

 で、坂道を下りかけたところ、いきなり荷台が”ズシン!”・・・っと(@@;)下り坂なのに、下り坂なのに、下り坂なのに・・・怖いので、そのまま振り向かず(振り向けず)坂を下りきると、ふっ・・・といきなり自転車が軽くなりました。もちろん、私は怖いのでガーン振り向かず、そのままダッシュで家まで帰りました。

 後日、知人にその話をすると、そのS公園のあたりは、昔古戦場だったそうです。振り向いていたら、何か見えたのかなぁ・・・オバケ


WBCの号外で稼ぐなんて~(T_T)

テーマ:

韓国戦観戦も燃えたけど、今日の優勝をかけたWBCも燃えました。


世界一なんだもん・・・!

選手の皆様ご苦労様でした。
そして感動を有難う
バンザ~イ\(^o^)/


っと

普段は野球にはあまり興味の無い私も、なんだか今回は

一生懸命興奮しながら見ていたのだけれど


夜オークションで探し物をしている途中で

Yahooのニュースが目に入った。


号外配布で転倒、女性3人軽傷 東京


ふっとヒラメくものがあり、Yahooのオークションを検索すると

あったあった・・・(^^;)

オークションの中に、今回の号外がザックザク・・・

当日配布され、その数時間後にはオークションへ

すごい商魂たくましい、すばやい


本当に野球が好きだとか、今回の試合に感動したとかで

号外の奪い合いになったのなら良いけれど

売却目当ての人も多いんだろうなぁ・・・

そのおかげで、その時間 号外が欲しくても手に入れることができなかった人が

手に入れることもできるのだろうけど

(実際、結構入札されているし)


ちょっと複雑な気持・・・

MOTTAINAI

テーマ:

世界一受けたい授業 』に、ケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが出演されていました。マータイさんは、アフリカに「グリーンベルト運動」を広め、貧困農民層の生活向上に力を注ぎ、アフリカ人女性として初めてノーベル平和賞を受賞された方。

---------------------------------------------------------------------------------------

ワンガリ マータイ, Wangari Maathai, 福岡 伸一
モッタイナイで地球は緑になる

---------------------------------------------------------------------------------------

そして、何より私の大注目は、そんな彼女が日本語の「もったいない」を環境保護の世界に類を見ない美しい精神を持った合言葉として紹介し、世界で「MOTTAINAI」という日本の言葉が通じるようになりつつあるということ。そんな彼女が出演するということで先週、番組の予告で紹介されから、とっても楽しみにしていました。

 番組では、 マータイさんは来日した際、「もったいない」という言葉の「『もったいない』は、たったの一言で

  ・消費削減(リデュース)

  ・再使用(リユース)

  ・資源再利用(リサイクル)

  ・修理(リペア)

の四つの『R』を表している」ことに感銘、世界に広めようと思い立ったそうです。マータイさんは「限りある資源を有効に使い、みなで公平に分担すべきだ。そうすれば、資源をめぐる争いである戦争は起きない」と主張しています。

 また、もったいないには、『地球の資源を尊敬する心、感謝する心が感じられとても美しい、ほかの国に類を見ない、表現できない言葉』とも・・・。

 100均を代表とする格安グッズがあふれ、安価だからと買っては捨てている日本の社会。図書館で収納や整理の本を探すと”すっきり生活のためには捨てなさい”などというタイトルの本が結構あったりする・・・そんなリサイクルより”安いんだから捨てて、また買いなおせば”のイメージが作られる中で、”もったいない”は現代日本では、年よりくさい古臭いイメージとなってしまっていた言葉でした。

 しかし、環境問題、貧困層の生活改善に努力をしてこられたマータイさんが言われると、改めて”もったいない”というもともと日本人が持っていた精神と言葉がすばらしく思え、私たちが忘れ、目を曇らせてしまっている資源の有効利用ということに考えさせられます。(いかにも気のいい”きもったま母さん風”の彼女のキャラクターによるところも大きいですね♪)


 子供は保育園で「いただきます」「命を『いただきます』」と教わってきていました。動植物の命を「いただく」と思えば、簡単に捨てたりはできませんよね。食品に限らず資源は、地球の命をいただいていることになるでしょう。「MOTTAINAI」については、よくよく考え実践してみたいと思いました。