私たち日本人は、素直に育ったというか、人を疑うことを知りません。私たち日本人には、「負けても尊敬される」という日本独特の精神や世界の人たちの良心を呼び覚ます助け合いという美徳を持っています。私たちの素直で善意に根ざした民族性は良いところであり、確実に守っていかなければならない部分だと思います。

 

しかし、行き過ぎるとこの部分はお花畑脳となってしまい、残りの世界がどのように動いているのか理解できなくなってしまいます。

 

「ほんまでっかTV」でお馴染みの科学者である武田邦彦教授が「日本は、性善説に基づいた数少ない国(文化)である」ということを指摘しておられました。

 

例えば、日本では、泥棒をした人がいたとしたら、泥棒をした人が悪い、と言われる。しかし、海外に行くと、「家の鍵をかけなかったお前が悪い」と泥棒された人が悪い、と言われる。つまり、鍵をかけなかった人は「とってください」と言っているようなものだからです。「人を見たら泥棒と思え」という考え方です。

 

 

性善説というのは、日本人にとっては、当たり前すぎて、海外に行くとショックを受ける人が多いです。

 

私も日本人ですから「性善説」で育ったので、アメリカに来てからというもの、英語が話せてもカルチャーショックがありました。例えば、何か金品を取られたり、セクハラに遭ったり、トラブルに巻き込まれたことをアメリカ人に話すと、口を揃えて「それは、アンタが悪い!」と10人中10人がいうのです。

  • お金や物をちゃんと見張っていなかったお前が悪い!
  • 安全に保管していなかったお前が悪い!
  • 相手にスキを見せたからセクハラされるんだから、お前が悪い!
  • そもそも「治安が悪い」と言われている場所にノコノコ行くお前が悪い!

こんな感じで責められるんですよ。完全な自己責任の社会です。

 

しかし、お陰で不必要なリスクを招く行動は絶対にしない習慣がつきましたし、危険を察知する能力はかなりアップしたと思います。「米国式ハロウィンとは恐喝の楽しみを教え込む洗脳」という記事で、アメリカでは脅しは幼い頃から処世術として身につけさせる社会であると書きました。

 

私は「楽しむ」レベルまでは到達していませんが、「何かバカにされてるのかな」とか思った時には、「私の先祖は武士なんだ」と言ってみたり、必要があれば「こういう法律があることは、私も知ってますよ」というようなことを言って相手を軽く脅す(私は脅しとは思ってませんがw)ことはあります。

 

攻撃は、最大の防御と言いますよね。これは、自分が異国でトラブルに巻き込まれないようにする自衛策であり、アメリカ生活の知恵です。「性悪説」を前提に気を抜かないようにしていないと、困ったことが次々と起きて大変なのです。そして、社会的にも「やられた方」がバカにされて責められるので、とにかく被害者にならないように防御するしかないのです。

 

被害者(やられた人)を悪い、と言って、被害者を責めて謝らせる…。この考え方ですが…。

 

日本人には通常は考えられないのですが、実は私たちは知らないうちに「平和教育」の名の下で、被害者を悪者に仕立てあげる「性悪説」をやらされてきたのです。

 

こちらは、広島平和記念公園にある記念碑です。殺されたのは日本人なのに「私たち日本人が悪かったです。二度としません」と書いているわけです。つまり、これは「アメリカやイギリス(植民地支配をした西欧列強)に楯突いた私たち日本人が悪かったんです。二度としません」と言っているわけです。

 

原爆を落として大勢の武器を持たない民間人の日本人を虐殺したのはアメリカです。しかし、この言葉の主語はアメリカではないことは明らかです。

 

「過ちは繰り返しませぬから」

http://diamond.jp/articles/-/111455

 

これは、戦争でも同じことで、世界のスタンダードでは、領土を取られたり、侵略されても「気を抜いたアンタの国が悪い!」、「軍備をしっかりせずに、ヘラヘラと他国を援助していたアンタの国が悪い!」ということになるのですよ。

 

北朝鮮の核兵器にしても、アメリカに言われるままにクリントン政権時代から日本が大金を投じて北朝鮮の核エネルギー開発を援助してきて、それが核兵器に転用されただけなのですから、そもそも北朝鮮の核兵器は私たち日本人が自分で自分の首を絞めるために後押ししてきたものなのです。そして、アメリカには、戦闘機を買わされるわけですから、二重に税金が絞り取られているわけです。

 

北朝鮮とアメリカの対立というのは、マッチポンプ(やらせ)ですよ!! 桜井誠と有田ヨシフが訴訟をしたのも、ヘイト条例をつくるための自作自演であり、マッチポンプでしたが、それと同じこと!!

 

アメリカに住んでいる韓国の人たちは、北朝鮮も民族が同じなので、自分たちに核兵器が打ち込まれることは絶対にないと言っています。そして、北朝鮮はアメリカの左翼から援助を受けてきましたから、アメリカ本土は攻撃しません。また、アメリカは中東での戦争もあり、国内問題でそれどころではないので、アメリカが日本のために北朝鮮を攻撃するとか、アメリカに守ってもらえるというのは、ありません。

 

 

日本で木村太郎さん以外でトランプ大統領の当選を予測できた数少ない国際政治学者の一人である、藤井厳喜さんの解説がわかりやすいです。

 

 

日本は、北朝鮮の核エネルギー開発に長年お金を貢がされた上に、危機が浮上すると、今度は軍備を充実しなければならず、戦闘機を買ってアメリカに貢がなければならない日本…。

 

反日中韓を操って日本を転がしてきたのは、アメリカだったことは私たちは忘れてはいけません。

 

 

 

 

AD