サクサクふっくらなぶりカツ。
ぶりのような切り身を調理するときって、塩ふって数分おいたり熱湯をかけて生臭みを消したりすると思うんだけど、うま味水に浸けることで生臭みを消し、素材のうま味を引き出して、身がふっくら柔らかくなります😊


私が勝手にうま味水と呼んでいるものは水にうま味調味料を数振り混ぜたもの。
ひたひたのうま味水にぶりを浸けて5〜10分置いたらキッチンペーパーで水気をふく。



ペーパーで拭いたら、後は普通のフライと作り方は同じ。

軽く塩、胡椒をまぶしたら小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして油で揚げる。
塩は少なめで良いので減塩にも👍


すご〜くふっくら仕上がって美味しいので機会があったら試して欲しい😆
このレシピは以前、うま味調味料のメディア懇親会に登壇したときに紹介したレシピのひとつです。
生鮭やめかじきなどでも同様に作れるよ♫
うま味調味料はサトウキビが原料で安心して使えるけど、素材の下処理、仕上げ、味付けなどに少量使うのがポイントです。
塩とか他の調味料だって入れすぎたら体に毒。
いれずぎず適量加えるから美味しい!

読んでいただきありがとうございます😊