今日も暑い!もう夏休みの時期ですねカキ氷

 

私も6連休の休暇中。

本当は夫と旅行に行って、お墓参りに行って、、そんな夏休みを過ごす予定だった。

 

夫は抗がん剤の副作用真っ只中。

1回目より症状がある。だるさと気持ち悪さがすごいみたい。ずっと寝てる。

1回目はしゃっくりがメインだった。

抗がん剤って回数を重ねるごとに副作用が辛くなるの?

楽になるって話も聞くけど。3回目が少し不安だ。

 

それでもさすが夫。薄いものは食べる気しない、濃いものが食べたいと、

昼はハンバーガーやらラーメンやら食べる。

人参ジュースも毎日飲んでくれる。

そしてちょっと動けるときはすぐさま外に出て日光浴しながら、鉄アレイで筋トレダンベル

おいおい、大丈夫なのか・・あせる

そして夜は一気にダウン。何も食べれない。こんな数日だった。

 

最近、国立がん研究センターが、がんの5年生存率を発表しましたね。

全体的に上がっているようだが、夫は肺腺癌ステージ4。

5年生存率は約5%。。。現実に戻される気分。

でも夫曰く「俺は5%に入るから!」と。頼もしい笑い泣き

 

日々前向きに過ごすようにはしているが、ふと考えてしまう時がある。

今思えば、これは前触れだったのでは?と思う事柄が、、

 

私はせっかちだ。だからなんでも早目早目に動かないと気が済まない。

でも今年の夏休みの旅行はいつまでたっても、行先がなかなか決まらない。

決まらないまま7月に入り、がん告知。

オリンピックも総額40万円分も買ったのに、見事に1枚も当たらず。

 

こんな事している場合じゃないよ、てこと?

 

そして、半年前くらいから、なぜかは分からないが私の夫への口癖。

「私より早く逝かないでね」

その時は、自分達がおじいちゃんおばあちゃんになった時を想定しての話。

でも自然とこの言葉が沢山出た。

そして、ふと6月には写真館で家族写真を撮った。

結婚式以外でちゃんとした写真は撮っていないのに。

 

夫の遺影になるってこと?と不吉な事を考えてしまう。

 

まぁ悪く考えれば考えちゃうのが人間ですよね汗

それでも私は何故か漠然と夫は治る!と確信している。

 

「夫が居なくなったらどうしよう・・」は不安。

「夫がずっと居てくれたらいいな・・」は希望。

 

不安と希望は裏表で実は同じ。

 

希望があれば、時に不安が上回ることもある。

不安があれば、希望を持つことが出来る。

 

見方の切り替えが前向きになる方法。

そう思っています。