先日 英国人の50代後半の患者さんと話してました

ご自分の事 きちんと大切に愛してくださいねドキドキ

と彼女に申し上げた所、凄くきょとんとされたお顔でkikaの事をまじまじと見るのです....びっくり

その方 本当に他人に対して愛情深くいっつもいっつもご家族やお友達の為に大切に尽くすタイプの方で...

お料理上手で
食事とはを身体に送る儀式星
なんていう本当に素敵な事をおっしゃる方 

週末の度に沢山のゲストを招いてデイナーパーティキラキラキラキラ
きっと彼女のテーブルは愛で満ち溢れてるだろうなあって思いますが..ドキドキドキドキドキドキ

いっつも...自分の事は後回し...(爆)ゲッソリ

......なので疲れ切って週末が終わるとクリニックに駆け込んでいらっしゃるという訳です

愛情深い方でこういうタイプの方 多くないですか?

女性は特に自分の事を愛する事、自分の事を優先する赤薔薇のが本当に難しいなあ〜って思います

若い時は自由にワガママいっぱい生きてても
年齢がいけばいく程 周りを優先してしまう癖がついちゃう....

上矢印過去記事です まだお読みでなければクリックしてね


というワタクシも数年前は体調悪いから今日は寝てよう!って決めてたのに...結局 家の中で細々した事 床磨きとか全寝室のシーツ引っ剥がして洗い始めちゃったりして.....本当にまったく意味ないガーン


ワタクシが小さい頃 4ー5歳だったかなぁ
祖母が京都出身で関西の祖母の家に行くと孫たちの為に用意してある京都のお菓子がありました

そのお菓子 名前がどうしても思い出せないんですけどね...,

江戸時代だったかな?若い女性が幼子を残して亡くなってしまい、自分が死んでしまった後でも幼子に食べさせる為に夜な夜な幽霊になって買いに来たという伝説が残っているという由緒あるお菓子(飴)でした....

ワタクシの祖母 ワタクシと妹にこのお菓子をくれる度にこの幽霊話をするんですけど...

日本家屋の平屋で骨董品の壺とか飾ってあるんで、雰囲気たっぷり祖母の話が妙に怖いチーンチーンチーン.....


子供心に母親って本当に大変〜
死んでしまっても全然休まらないだなあ〜びっくりびっくりって思ったもんです.... 
子供心にママ〜ごめんよ〜と思った!

うちのママ 本当に細々と我々の面倒をみてくれたもんです...自分の事は後回し 子供優先のママでした   有り難いです 本当に... 


というワタクシも自分の事を愛する事上手には出来ませんでした この4年ぐらいかな?
徐々に練習して だんだん慣れてきた...

5年前のワタクシ 
米系金融機関で役職についていて
大恋愛で結婚した夫がいて二人可愛い娘ががいて...

周りのみんなから何でも持っていて羨ましい!
とよく言われていましたが....

自分の中で幸せか?って問いかけると
正直....普通  (爆)真顔真顔真顔

本当の幸せってこんなもんじゃないだろうってずっと思ってました ......

良く幸せ呆けとか言われてたけど...
幸せ不感症だったんだろうな...と思います 

みんなに羨ましいと言われる事でしか自分の幸せを確認できなくって......超見栄っ張り笑い泣き 
他人の賞賛だけが自分を写す鏡だったの...

この世の全ての皆さま〜
ワタクシを凄いって言って頂戴な!オホホホ〜って世界です(爆) 

本当に自分でも
痛い〜と思います ちーん 笑い泣きタラータラータラー
本当に嫌味な女ですよ ....ちーんタラータラータラー
見捨てずにお友達でいてくれた方々 本当にありがとうラブ

仕事も大好きだったけど...正直 みんなに
凄いね!格好いい〜!
って言われる事がもっと好きだったのかも...とも思う ちーん (嗚呼 痛い...)

そんな迷走期を経て、現在 幸せか?と自分に問いかけると

超幸せと迷いなく言えます。
そして見栄も張らなくなったなあ...ワタクシ 


あんなに人生迷走してて、不感症 超嫌味だったワタクシがここまで変わる道のりが
自分を愛するという道のりだったのかもと今になってつくづく思います....

まだまだ実践中です.....


次回の記事で実践編として自分の経験をシェアしたいと思います (ああ〜痛い 笑って頂戴 
こんなこっぱずかしい話 もしかしたら必要な方もいるかもって思って書きますよ笑い泣き笑い泣き)




女友達のバースデー 星手料理とシャンパンでおもてなししたんですが...逆に沢山のお花を頂いてしまったという...英国あるある話ですドキドキ