昨日石川遼くんがゴルフの国内大会で優勝しました。

石川くんは、私の母が大ファンだった。

母は5月に癌で死んだ。3月末からホスピスに入っていたけど、おなかが腹水でぱんぱんに大きくなって動けなくなっても、腸が完全閉塞してまったく食べられなくなっても、そして意識がなくなるちょっと前までも、よく石川くんの話をしていた。

私「おかーさんほんと遼くん好きやね~(やや呆れ顔)」
母「あんたは誰が好きとね」
私「ナダル」
母「へぇあんなんが好きと?趣味わるー。めんくいじゃなかったとね。」
私「ひどい(T T)」

こんなとりとめのない会話も、今となっては貴重な思い出。

5月にパサージュ琴海でプロゴルフの試合が開催されることが決まってから、絶対見に行く!と化学療法をしながらはりきっていた。でも今年の1月に再発して入院して、二度と家に帰ることはなかった。

棺桶に遼くんの写真でも入れてやろうかと思ってたのに、バタバタして結局しそびれた。最期が近いのはわかっていたから、前もって用意しとくべきだったなあ。

試合は見てないけど、ニュースで、プレーオフで優勝を争っていた選手がパットを外して優勝が決まった瞬間、喜びよりも敗れた相手を気遣って苦しげな顔つきになった石川くんを見て、母が遼くんを好きなった理由が少しわかった気がした。


私は石川くんのファンではないけれど、母さんの分までこれからは石川くんを応援していこうと思う。