湿気・カビ・結露と闘う乾燥剤製造・販売(株)テクノスナカタのブログ

湿気・カビ・結露と闘う乾燥剤製造・販売(株)テクノスナカタのブログ

業務用乾燥剤、除湿剤、家庭用湿気とりの製造販売を主業務とする会社です。湿気、カビ、結露にまつわる情報および対策例を紹介します。またシリカゲル、シリカゲルB型、塩化カルシウム、ゼオライトの特長、使途に加えて安全性にも言及します。

災害に備えた大切な備品の保管をコンテナや倉庫でおこなう場合、湿気およびカビ対策はある程度、長期的な視点により進めていきます。

また、点検頻度などの条件に応じた除湿剤を選定する必要があります。

 

その際、現状の除湿を最優先として考える場合には、吸湿率に優れる大容量の塩化カルシウム系除湿剤をお勧めします。

 

こちらは設置環境および使用量にも拠りますが、業務品であれば長期持続が可能となる場合もあり得ます。

 

尚、この塩化カルシウム製品は 海上輸送コンテナや各種倉庫における湿気、結露、錆・カビ対策に豊富な実績を有します。

 

また、使用量についてはJIS使用量計算式により、概ねの判断を加えることができます。

 

この塩化カルシウム系除湿剤は、吸湿により液化するところを吸液剤により固化(ゲル化)する設計ですが、一定の吸湿量を超えると吸湿しなくなるため交換の必要性が生じます。

然し、この交換時期は概ね予測のつくところから始めることも可能です。

 

次に、更に長期の保管となればシリカゲルB型商材も適用可能となります。

これは関係湿度の変化により、吸湿と放湿を吸脱着により繰り返すことで、空間内の雰囲気湿度を調湿する働きを有します。

 

尚、シリカゲルB型の吸湿状態を知るには再生サインなど、付属のインジケーターにより瞬時にチェックできます。

 

とりわけコンテナおよび保管倉庫に出入りする機会が多い場合には、その都度、温度と湿度に変化が生じるため、塩化カルシウム系除湿剤ではなく、シリカゲルB型商材が適する場合があります。

 

こちらは天日で半日ほど乾燥させることで、これまで吸湿した湿気(水蒸気)を強制的に放湿させることが可能となります。

この天日乾燥が可能となる条件が備われば、更に使用する効果が高まります。

  

参考サイト

空調設備のない倉庫・工場における湿気・結露対策

 

 

 

 

業務用乾燥剤・除湿剤

テクノスナカタのHP

 

業務用乾燥剤・原材料ほか

買い物市