心のバランスを取り戻す38種類の花のエッセンス

 

バッチ博士のフラワーレメディー(以下、バッチフラワー)は、イギリスで1936年に医師であるエドワードバッチ博士によって完成された、自然の花や植物や岩清水から作られた38種類のエッセンス。落ち込み・イライラ・ショック・不安・疲労など誰でも体験する心の状態や感情に作用し、本来持っている心の平安や喜びを取り戻すように助けてくれます。

 

エドワードバッチ博士(1886-1936)

 

 

誰でも、いつでも、どこでも、どれでも

 

赤ちゃんからお年寄りまで、またペットや植物にも使う事が出来ます。必要な時には、どんな時でもその時の心の状態に合わせて、7種類まで組み合わせて使うことが出来ます。使い方もとてもシンプル♪

 

 

 

害や副作用・習慣性や依存性がない

 

バッチフラワーは、害や副作用がまったくありません。何も変化が起こらないだけで、害を及ぼすことはありません。バッチフラワーを使っていてやめたから戻ってしまうというような、習慣性や依存性も全くありません。必要な時に、必要なだけ使えばよいのです。また、どんな他の療法や薬剤とも一緒に使うことができるのも大きな特徴です。

 

 

 

あらゆる組み合わせが可能

 

バッチフラワーには、38種類のシングルボトルと5種類を組み合わせたリカバリーレメディー(レスキューレメディー)があります。また、外用のエマンジェンシークリーム(レスキュークリーム)もあります。そして、これらのバッチフラワーを7種類まで選ぶことができます。

 

 

 

予防医学・未病医学

 

バッチフラワーは、体の病気に直接作用するものではありませが、日本でも昔から『病は気から』と言われ、近年では精神神経免疫学・予防医学・未病医学など様々な研究もなされるようになり、今では多くの医師が心のストレスと病気の関連性を認めています。バッチ博士は、そういった分野の研究がなされる以前から『心の調和が保たれれば体も健康になる』と言っていました。実際、病気のある方が他の治療とも並行しながらバッチフラワーを使っていったことにより、病気が治ったケースや痛みが軽減された、等の報告も多くされています。

※参考資料:日本フラワーレメディーセンター

 

 

バッチフラワーセッションは

こんな方に向いています

チェック慢性的な不調を抱えている
チェック不調の原因がよくわからない
チェック不安・緊張・心配・憂鬱感がつきまとう
チェック神経症・恐怖症に悩む
チェックストレスによる不眠に悩む
チェックストレスによる自律神経の乱れ
チェック薬に頼りたくない・薬を減らしたい
チェックイライラ・怒りなど感情のコントロールができずに爆発する
チェック人と比べて落ち込む
チェック人の目が気になりすぎてしまう
チェック自分に自信が持てない
チェック嫉妬や怒りの感情が苦しい
チェック人生に希望が持てない
チェック過去の癒しきれないトラウマがある
チェックマタニティーブルー・産後のうつ状態
チェック子育ての悩み
チェックパートナーの悩み
チェック人間関係全般の悩み
チェック人生の方向性に迷う
チェック上記に伴い、日常に支障が出ている