~あなたは魂(ハート)の声に従って

生きることができていますか‥?~

 

 

 

いもとようこさんの絵本。

 

絵の世界観が好きで

ファンの人も多いでしょうか。

 

 

わが家も次男・三男が小さい頃に

数冊集めました。

 

 

中でも 

青い鳥の物語は奥が深くて

私が好きで買いました。

 

 

チルチルとミチルのきょうだいが

勇敢に冒険をしながら

『幸せの青い鳥』を探しに行くのだけれど

 

 

結局、見つかったのは

お家の鳥かごの中。

 

幸せは外にあるのではなく

常に自分の中にあるんだよ

 

ということを教えてくれる一冊です。

 

 

うんうん

そうだよね~って 

 

 

その時はしみじみとした思いで

気づかせてもらうのだれど

 

 

私たちはいつのまにか

そのことを忘れてしまう生き物のようです。

 

 

そんな私自身も

難病になる前は

口ではそうよね~

と言いながら

 

 

わかった『つもり』でいただけで

 

 

心の奥底に潜んだものは

 

 

“〇〇〇さえあれば”

“〇〇〇さえなければ”

 

 

‥私は幸せになれるのに、と

不足感でい‥っぱいでした。

 

 

自分以外の

何者かにもなろうとしていた

こともあります。

 

 

明らかに自分とはタイプの違う

“憧れの生き方を”

あたかも 自分がそんな人間であるかのように

振る舞う“偽りの自分”。

 

 

いつだって 私は

“わたし”でしかいられないのに。

 

 

既に持っている自分の価値を知ろうとせず

外側あるものばかりを求めるから

 

自分らしさからどんどんかけ離れて

生きづらくなっていく。

 

 

3年前に難病にかかり

もう二度と這い上がれないかもしれない、

という苦しみの中

 

 

あの頃求めていた幸せや憧れは

すべて幻想であったことを知りました。

 

 

外側のものは 本当の意味で幸せにはなれないし

 

憧れの誰かになりきろうとしたって

心は満たされるどころか

さらなる不足感を生み出していきます。

 

 

“幸せの青い鳥”って きっと

究極の自己受容のこと。

 

 

こんなことを言う私もいまだに

 

軌道修正していかないと

軸がブレてしまうことがあります。

 

 

だけど、大丈夫なんです。

 

運命的な、バッチ博士の導き

バッチフラワーレメディーとの出会いにより

 

心のバランスを崩した時は

 

バッチフラワーの花々の

エネルギーを受けとりながら

“内なるわたし(青い鳥)”と繋がり

 

傾いた感情をニュートラルにし

調和を取り戻していけるようになりました

 

 

人生を海に例えるのなら

 

それは、時に嵐が来て

荒波にもまれようが

絶対的安心感の中で

“方舟”に揺られているような感覚です。

 

 

時々故障はあっても沈没はしません。

 

自分が難病をきっかけに

バッチフラワーをはじめたことから

 

起業スタートは

同じように病で苦しんでいる人に向けて

発信していましたが

 

正直、今 “きっかけ”は

何でもいいと思っています。

 

 

その人・その人 それぞれの

人生の課題にぶつかり

 

今の生き方に

息苦しさを感じた時に

 

『自分を許してあげましょう』

『自分を認めてあげましょう』

『自分を愛してあげましょう』

 

 

あなたの内側にある輝き

“幸せの青い鳥”に

気づいてあげましょう

 

Bluebird〜フラワーエッセンス〜は

こんな思いから名付けました青い小鳥さん

 

あなたの内側にある

青い鳥は どんな鳥でしょうか。

 

きっと あなたが思っている以上に

美しい鳥なのではないでしょうか。

 

 

Bluebirdフラワーエッセンスサロン
はじまりと誓いの日に
 2017.10.2