七村まつり 2010

テーマ:

2010年9月17日(金)


わたしは「七浦まつり」と思っていましたが、

「ほんとは『ナナムラまつり』や!」

と一緒にヨバレに向かう夫の友達に断言されました。

夫とわたしは大変驚きました。


七つの集落が揃ってキリコを出します。

美しい。


運転手のわたしですがビールを所望しそうになりました。

笑われました。きゃっ!恥ずかしい。


今年も山海の珍味・・・どうしよう。おいしい。御膳!!

夫婦二人でヨバレるなんて本当はルール違反かも?


と思いつつ毎年毎年申し訳ありません、ありがとうございます!

(しかもうちらの祭りのときは、お仕事でおいでなかったのに・・・。)


会社が今大変やから会社の話題、すごかった・・・。

だだくさに生きている自分がイヤになる。


でもすぐ趣味の話に転じて、ほっとする。

私はオトナの話をクチは開かず聞いていました。

楽しんでいました。


手伝いの女の人が固まりになって座っておられて、

ちょっと混ざりたかった。


趣味と言っても、ここらへんの人の趣味は、祭り一色!


誰かがスイッチを押したのか、もう止まらないかたがいた。

すごいね、祭りスイッチ。


この家のご主人は相変わらずの紳士。

ハッピ姿で背筋を伸ばして熱心に耳を傾けます。


一番小さい娘さんのお友達が、

次々と玄関に現われては二階へ消えて行きました。

子供は子供のヨバレをしているのでしょうか。

娘さんは小さいご主人役ということか。


ご主人役ですが、

小さい娘さんは客間でじいちゃんや親戚のおばちゃんと

お話もしていました。


とてもご高齢のじいちゃんはとてもうれしそう。

娘さんは大人たちの質問に丁寧に答えていました。

将来についてもきちんと自分の意見を述べているようでした。


みんなに愛されてるなあ。

いい子だなあ。


ご主人は特に娘さんとお話はしていないようでしたが、

時々ちらちらと娘さんを見ておられるようでした。


ご主人のお母さんが夫に「いつもお世話になりまして・・・」

と丁寧にご挨拶をしてくださいました。

こちらこそいつもありがとうございます!!

本当にお世話になっております!


わたしは7月の祭りでの自分の態度を較べて恥ずかしくなりました。

私は祭りの一日目、我が家のヨバレから遁走していたのでした。

ヨソで飲んだり食べたりしていたのでした、

丁寧な挨拶もせずに・・・。


キリコが動くというので見に行きました。

あっという間の出来事だったのでしょうか、

わたしが到着した時にはもう片付けが始まっていました。