慰労

テーマ:

腕時計出勤7時30分時計帰宅20時10分

さるところへ食事の予約をしました。


連日ヘトヘトになって帰ってくる主人を慰めるためです。

それは明後日です。


「いいけ?」と訊ねたら

「いいぞ」とのことでした。


喜んで予約の電話を入れたら、

出た人は数年前に予約を入れたときにも「承った」人でした。

(携帯にメモが残っていたのでわかりました。)


偶然だなあ、と思いました。


以前主人と一緒に行ったお店です。


当時は付き合い始めてしばらく経った頃。


○○さんにおごってもらってばかりで悪いやろ、

と親に注意され、大奮発してご馳走しました。


フレアのお気に入りのスカートをはいて気合を入れて出掛けました。

当時まだ恋人だった主人が、

「きれいな足やなあ」とセクハラ発言をしたことを

懐かしく思い出しました。


そしてその言葉にまんざらでもない感想を抱いたことをも

思い出しました。


今回は「大奮発」とまではいかず、

いまどきファミレスでもこのくらい取るだろう、というお値段に過ぎませんが、

当日が楽しみです。