晩秋の涸沢カール⑨

テーマ:

2010年10月24日(日)


リピート山中さん


食事の後はコンサートがありました!


なんとワインまでよばれました。

あまりのことにもうびっくりしました。


ストーブの傍を陣取って、わくわくして鑑賞しました!

金髪の男の人がギターでリピート山中さん、

マンドリン?のかたはタッキーさんだそうです。


リピート山中さんは神戸のかたで、7年前から山登りを始められ、山に魅せられたそうです。

巧みな話術と大変よいお声に酔いしれました。


私の一番好きな曲はズバリ「♪ヨーデル食べ放題」!!

え~え~!聴いたことある~!噺家の人の歌やろ~?このかたの歌やったんや。

夫は「初めて聴いたわ~」と微笑んでいました。

翌日富山の妹宅でひと節披露すると「ああ、知っとる知っとる!」と妹は笑っていました。
まいにち 花へんろ
「ヨーデル食べ放題」は今年の我が家の最大のヒット曲となりました。

下山時、そして帰りの車の中で二人して何回も何回も唄いました!

雨、そして日曜日の夜。

こじんまりとして、親しみの湧く、とてもあたたかいコンサートとなりました。
まいにち 花へんろ

次に心に残った歌は「加藤文太郎の歌」でした。


「週刊ふるさと百名山№7槍ヶ岳」に「単独行の加藤文太郎」の記事が載っていました。

その本には昭和11年、加藤が雪の北鎌尾根に消えたことが簡単に書いてありました。


そこには加藤文太郎は「地元神戸の六甲山脈で山と出会う」と書いてあったので

分太郎は神戸の人かと思っとったら、

リピートさんの歌詞で浜坂の出身だということがわかりました。

神戸のサラリーマン文太郎。神戸で働いていたのか。

本、全然違うやん。浜坂は兵庫県やけど空の色、人の気性は山陰地方やろう。

(テレビドラマ「夢千代日記」が好きな人にはわかりますよね。)

わたしたち夫婦も日本海の産。加藤文太郎にとても親しみを感じます。


「♪山の男は漁師のせがれ・・・」

漁師のせがれだったとは!夫も漁師のせがれやわ。

この時点で加藤文太郎にすごく親近感が沸きました。

「♪干した小魚ポケットに入れ・・・」

ああっ、本当に浜の子や・・・なんでまた山にのめりこんだんだろう??

(加藤文太郎に興味を持った私はこののち新田次郎さんの「孤高の人」を読んでしまいました。

その奇怪で魅力的な人生と山行にあきれるやら感心するやらしました。)


ところでリピートさんはあの立派なギターを運び上げたんですね~涸沢まで!!

すごいわ~。


さて、リピートさんがなんで涸沢で歌っていらっしゃったかというと、

この涸沢ヒュッテの「会長」さんの小林さんというかたの前で

小林さんの作詩による「涸沢のうた」を披露したかったからそうです。

でも小林さんは今は山を降りていてヒュッテにはいらっしゃらなかったのでした。


外は強く雨が降っていました。

でも歌ってすごいですね。

落ち込みがちな気持ちがだんだんあたたかくなりました。

大きな涸沢の紅葉を写した大きなパネルがあって、それはリピートさんの唄ととても合っていました。


そして「♪雪よ街よ」のあの「俺たちゃ街には住めないからに~」の唄を皆で歌いました。

山やなああ~と感激しました。


そして「♪それぞれの味」!

ちょっと前のサッポロビールのCMの曲でした。

「♪サッポロ黒ラベル~」のフレーズが面白くて面白くて。

リピートさんは「この部分だけでもおぼえて帰ってください~」とおっしゃっていました。

すごい笑いました~。


アンコールは「なごり雪」でした。

イルカさんの唄で大ヒットした有名な曲ですが、

リピートさんは伊勢正三さんの「なごり雪」が好きです、とおっしゃっていました。


そして「22才の別れ」・・・

わたしは若くてフォークソングがよくわからないのですが・・・。

夫は帰りの車の中で

「フォークっていうのは大学生が貧乏やった時代の歌や。どれもこれも暗いやろう」

宴会でたまに歌う人おるけどぜんぜん盛り上がらんげんぞ~、と説明してくらはりました。


ヒュッテの支配人のかた(小林老人の孫さんか息子さんでしょうか?)が

「リピートさん、ここらでぜひ明るい曲を」

とお願いすると、リピートさんは「わかりました・・・では」


♪あなたはもう忘れたかしら~


「神田川」や!!


どこが明るいげん~??皆で大笑いしました。

このフォークソングなら私も合唱に参加することができました。うれしかったです!


最後の曲は「なんとなく幸せ」という曲やったかな、

笑いに包まれて楽しく楽しく山小屋のコンサートの幕が閉じたのでした。


楽しかった~すごく楽しかった~。

もううれしくてうれしくて!

外のすごい嵐を忘れそうでした、不安な気持ちが吹き飛ぶような楽しさでした!


安曇野のワインもおいしくいただいて、コンサートとともに酔いしれて、

なんかもう言葉にできない楽しい楽しい山のつどいでした。


下山後は何回も何回も思い出し、夫にしつこく「リピート山中さん面白かったねえ」

と何度も何度も耳こすりをしたのでした。


リピートさん、たっきーさん、山小屋のスタッフのみなさま、ありがとうございました!!


                                                      (つづく)


AD

晩秋の涸沢カール⑧

テーマ:

2010年10月24日(日)


涸沢ヒュッテにて


まいにち 花へんろ
峻厳な穂高連峰。
まいにち 花へんろ

北穂高でしょうか。涸沢小屋も見えます。

怖いぐらい。憧れの景色です。


ヒュッテの女性スタッフのかたにきびきびと案内されて部屋に落ち着きました。

一泊二食つき翌日のお昼のお弁当も頼みました。二人分で20,000円なり。


夕食は17:00、朝食は5:30。


寝床で次の日の行動の服に着替えました。

お布団はひとりで一人分を使うことができました。

広い寝床スペースを二組の夫婦で広々使用します。ありがたかったです。

カーテンもついてるんですね・・・けっこう空いていたようでした。よかったです。

板張りで、ああ、小屋。山小屋なんやあ。と感激しました。


荷物の整理をして土間にストーブのあるところに落ち着きました。


夫は富山の妹に「無事着いたよ」の連絡を「衛星公衆電話」で伝えました。

残りが8度のテレフォンカードやったけどちゃんとつながりました。


私は涸沢の紅葉の絵葉書と切手を売店で購入、親しい人にペンを走らせます。

(翌日下山時に上高地で投函しました。)

特に神戸に出稼ぎに行ったお母さんに「心配掛けてごめんなさい」と書き記しました。


東京を車で三時に発ったというパーティのかたとお話をしました。

わたしたちは富山で前泊させてもらって四時に出ました~。地元からやと二時でも間に合いません!

「雪を見たいんだけど、降るかなあ~」とリーダーらしき男性がおっしゃっていました。

毎年登ってらっしゃるそうです。いいなあ。

青空、紅葉、そして雪かあ・・・最高やなあ。

しかし雨は無情にも降り続くのでした。

翌日の天気を目を皿のようにして見るわたし達。朝の六時半ごろには止むかもしれない。


おおきな楽器を持った方が到着されました。

小屋泊まりの軽い荷物だけでもフーフーな私。すごいなあと感心しました。


ところで私はばててしまい、名物のおでんも口にすることができませんでした。

りんごの木のキーホルダーをお世話になっているかたのためにいくつか購入しました。

「涸沢ヒュッテ」という文字とけなげな高山植物の絵が彫ってあります。ナナカマドが愛らしい。

一個600円なり。


東京のひととお話が続きます。

山から降りたら再び都会生活か・・・。

彼らは山や自然が好きなんだなあと思いました。


ふと目を壁にやると色紙が一枚ポツンと飾ってありました。

映画のスチール写真みたいな物もいっぱい掲げてあります。

どうやら映画「岳」のパネルのようでした。

雪山の様子とか俳優さんとかが写っています。


色紙のサインは小栗旬さんでした。

「ヒュッテ大好き!」

やったかな、そんな言葉が書いてありました。日付は今年の五月のようでした。

映画の撮影隊がヒュッテに泊まったのでしょうか?なんか見てみたい映画です。


「岳」の漫画家さんのサインなどもありました。もちろんイラスト入り!

図書コーナーに「岳」も置いてありました。

わたしはばてていたので書物に目を通すのは無理な状態でした。残念。見てみたかった。


涸沢ヒュッテはトイレが美しいのがありがたかったです!

山小屋とは思えない・・・。


コーヒーも売ってたし、お菓子も充実していました。

グッズもいっぱい。

ヤッケから登山靴までトレッキンググッズがひととおり揃っているようでした。

山のお値段やから高いけど、こんなに標高の高いところでこんなに・・・と感心しました。


そしてお待ちかねの夕食ドキドキ

食堂にはモーツアルトのピアノ曲が流れていました。

外国の丸太つくりのおうちみたい。
まいにち 花へんろ

同席の三重県からいらしたというパーティーのかたが

「きのうより一品多いですよ~」

とおっしゃっていました。

「もうすぐ小屋が閉まるからかねえ」

京都から一人で来たというおじさんもいました。

北アルプスは高速を使えば近いそうでひとりでよく登られるそうです。

三重県のパーティの若い女性は涸沢ヒュッテに二泊して奥穂を往復されたそうです。

すごいなあ。

「一年に一回このメンバーで山に登っているんですよ。」

「槍に登ったときなんか、台風でねえ。」

「混んでいて頂上登るのも順番待ちで。」

驚いたことに若い女性は白山に登ったことがあるという。

「帰りは別山から降りたんですよ。長かった~。」

別山!?すごいなああああ!

9月の初めに夫と登りました。そのときに登山道からいつも見えた別山を思い出しました。

白山の太刀持ち山と言われる優しい緑の山容が目に浮かびました。

このほかいろいろな山のお話をいっぱいうかがいました。

大変楽しい山のディナーとなりました。


それにしてもこんなに高い山の上でこんなに豪華な食事が!!目が飛び出します!!

山やとは思えない!!すごすぎ!

「〇〇山荘はもっとすごいですよ~。なんと言ってもナイフとフォークの食事ですよ。」

・・・なんかすごい。山小屋とは思えないお話も聞きました。


わたしはばてていたので主人に助けてもらいながらいただきました。

おいしかったです!

時期が時期なので生は売り切れていて、缶ビールで乾杯しました。

私の分までコップをいただいて、申し訳なかったです。サービスすごかったです。

上高地でマイ箸買ってくれば良かったなあと思いました。割り箸でした。

スタッフの若い人たちはきびきびと働いていました。こんな世界があるのだなあ、と思いました。


そして食事後・・・思いがけないサプライズが待っていたのでした。




AD

晩秋の涸沢カール⑦

テーマ:

2010年10月24日(日)


本谷橋(13:10)~涸沢ヒュッテ(15:13)


まいにち 花へんろ
横尾本谷・・・実物はもっとすごいです・・・。

急登にさしかかって最初に唄ったのは「おはら節」。

最初は余裕がありました。
まいにち 花へんろ
ガレ場を行くわたし。

確実に夫の踏んだ石を歩きます。
まいにち 花へんろ

仲良し親子のパーティ。

ごろごろとした大きな石がつづきます。
まいにち 花へんろ
北アルプスなんやなあ・・・来たんや・・・

汗であえぎながら荒い息を吐きながらふと顔を上げます。
まいにち 花へんろ

紅葉および黄葉のピークはここらへんでしょうか。

寂しげな景色ですが快かったです。
まいにち 花へんろ

人生をあきらめた中年にぴったりの景色です。


まいにち 花へんろ
黄葉のじゅうたんのよう・・・夫とともに目を奪われます。

うーん。言葉になりません。
まいにち 花へんろ

あれが奥穂かなあ、と胸が高鳴ります。


オリジナル宝塚メドレー(主に90年代後半の星組のショーのフィナーレ)を唄います。

でも息が切れる私。

夫は白山のガイドさん先生の導きどおり、丁寧に確実に登ります。

たまに下山者のかたがおいでます。夫は妻に山側に寄るようそっと指示するのでした。


「よ~い~ほな、よ~い。ほっほっほっ」

親子でしょうか、いい年のおじさんと青年です。

おじさんは両手にストックを持って軽快に降りてゆかれます。

息子さんは少し先を歩き頻繁に振り返って見守っておられました。いい親子やなあ。

親子登山か。いいねえ。

夫婦山行もなかなかいいもんです。
まいにち 花へんろ

ナナカマドです!

あまりの美しさにパーティ三組いたのですがみんな立ち止まって感嘆していました。

そして写真の撮りっこをしました。

山を歩く人はみんな表情が素敵!!

いきいきしている!!

みんながみんなそうでした。

ばてて苦しくてもみなさんのお顔を見ると自然に表情がゆるむのでした。
まいにち 花へんろ

小屋が見えてからがものすごく長いのでした。

「やっと屋根が見えたあ」

と喜んでいたら

「見えてからが長いんですよお」

と東京のパーティーのお父さんらしきかたが微笑みながら登って行かれました。


・・・この東京のかたと私たちはまるでウサギとカメのようでした。

なんとなくとばし気味だった私たちは、

ゆっくりとたゆまず一定のペースのこのパーティにあっさりと追い抜かれました。

私たちが小屋に転がりこんだ頃にはもうゆったりとストーブを囲みくつろいでおいでたのでした。


         もみじ もみじ もみじ


白いペンキで矢印や×とか書いてありました。

夫は確実に表示を見て間違いなく足を運びます。

ちょっとだけ前を歩く夫。

振り返り振り返りわたしを導いてくれます。

当時はばてて頭が真っ白な状態だった私。

夫の優しさを当たり前のように受け取っていた私・・・。

こうやって振り返るとなんて優しい人やろう、と驚きます。

うれしくてうれしくて・・・。ほんとうにありがとう!
まいにち 花へんろ

オレンジ色がこんなにも優しいとは・・・。

ヒュッテはもうすぐです。
まいにち 花へんろ

いつか登りたい穂高の峰々・・・。

やっと会えました!!
まいにち 花へんろ

やっと・・・涸沢ヒュッテに到着しました!!


冬支度でしょうか、カナヅチで釘を打つ音が山に響きました。

「もうすぐ小屋しまうんやね・・・」

淋しくも私たちを迎えてくださる・・・あたたかくも感じる音でした。

盛夏に来たかったのですが、都合で晩秋に・・・でも晩秋の山行の素晴らしかったこと!!


夫は落ち着いて宿の申し込みをしてくれました。

妻は倒れこむように小屋の土間の腰掛に座り込みました。

もう動けん・・・そんな心境でした。


天気が崩れるという予報のため、直前まで涸沢まで行くか横尾で引き返すか迷っていたのですが、

訪れてほんとうに良かったです。


そのような理由のためわざと予約をしていなかったのですが、快く泊めてくださいました。

涸沢ヒュッテの皆さま本当にありがとうございました!


宿泊手続きも終わり、さて氷河圏谷を見よう、と階段をあがりましたら、雨が!

しかも雨脚はどんどん強くなります。

妻は筋肉痛でそれどころではありませんでしたが・・・。


怖いような頼もしいような、見たことも聞いたこともない、言葉にどう表現すればいいのかわからない。

飲み込まれるような・・・ここが氷河圏谷・・・愕然と立ち尽くす私たちでした。



AD