猿鬼歩こう健康大会

テーマ:

2010年9月19日(日)


今年も行ってきました!


夫、お父さん、わたし!

5キロ!


今年も三人で歩くことができたことを

感謝しつつ・・・。


犬はお母さんとお留守番でした!


ゲストランナーの丸山弁護士と一緒に写真を撮りました~(笑)

子供たちが「法律ってなんですか?」

とちょっと意地悪な質問をしていました。


私が朝もたもたしているばっかりに

歩こう会に迷惑掛けたようです・・・

ごめんなさい。


おとうさんにおにぎりや甘いものなど

たくさんご馳走になります。


さてノンビリとスタート。

すっかり秋の気配・・・ちょっと汗ばむ程度。

のんびり村を歩きました。


ゴール後は柳田のよさこいを見物します!


わたしの好きな曲「ござれ」でした。

♪ヤッサー、ヤッサー。


♪野辺に咲く一輪の花~


のフレーズの唄も印象に残りました。

二曲でした。


可愛かった~ラブラブ

よさこい大好き!!


そしてお待ちかねの抽選会・・・

国民宿舎のペア宿泊券・・・。


これがあるばっかりに、帰れません!

毎年毎年ギリギリまでねばります。


結果は・・・残念でした!!


入浴券で大特急で温泉にはいります。


ちょっと慌しかったけど、面白かったです!


来年もみんなで参加できますように!!

AD

約束の音楽

テーマ:

テレビで南の島の少女の話を見ました。


鹿児島から沖永良部島へ引っ越した少女。


鹿児島の小学校では

全国レベルのジャズバンドのサクスフォン奏者でした。


お父さんがUターン就職したため島へ一家で移住したのですが、

最初は居場所がない感じでした。


学校のブラバンでドラムを叩くのですが

いまひとつ身が入らない。


鹿児島からお借りしたサクスフォン。


鹿児島のバンドが島で公演するという。


先生は掛け合いのソロパートを作ってくれました。


一人で練習する少女。


公演の日が近づき、バンドの仲間たちが

500キロ離れた島へ大きなフェリーでやってきました。


抱き合って再会を喜び合う仲間たち。


そして厳しいレッスンが始まる・・・。

鹿児島の恩師はものすごく厳しい指導をします。


「島でのドラムはどう?」

「うーん。まだ休んではないけど、真剣にやってない。」

「ドラムで、みんなを引っ張っていく気持ちで、演奏なさい。

 あなたの音楽を奏でなさい。」


録画しとけば良かった、と思うほど、いい番組でした。

先生の名言は他にもいっぱいありました。

本当にいい先生でした。


鹿児島のバンドメンバーとしてサクシフォンを演奏したあと、

島の生徒としてドラムを叩きます。


バンドのチェックの赤いベストを脱いで

鹿児島の友達に手渡したとき、

この子は島の子になったのかなあ、と思いました。


かつての級友の前でドラムを演奏する少女。

袖で心配そうに見守る恩師。


    あなたはあなたの場所で

    あなたの音楽を奏でなさい。


フェリーが島を離れる日。

サクシフォンともお別れ。


鹿児島の同級生や先生ともお別れだ。

バンドの締めくくりの曲はムーンライトセレナーデでした。


桟橋近くで、みんなが演奏します。

少女の場所もありました。

吹こうと思うのですが、涙を拭くのが忙しくて、

楽器をうまく吹けません・・・。


懐かしい紙テープで船の上のみんなとお別れ。


島での本当の新しい日々が始まりました。


感動しました!!


少女が素晴らしい。

周囲の人たちが素晴らしい・・・。


自分で居場所を見つけていくしかないのだ。

   


AD

七村まつり 2010

テーマ:

2010年9月17日(金)


わたしは「七浦まつり」と思っていましたが、

「ほんとは『ナナムラまつり』や!」

と一緒にヨバレに向かう夫の友達に断言されました。

夫とわたしは大変驚きました。


七つの集落が揃ってキリコを出します。

美しい。


運転手のわたしですがビールを所望しそうになりました。

笑われました。きゃっ!恥ずかしい。


今年も山海の珍味・・・どうしよう。おいしい。御膳!!

夫婦二人でヨバレるなんて本当はルール違反かも?


と思いつつ毎年毎年申し訳ありません、ありがとうございます!

(しかもうちらの祭りのときは、お仕事でおいでなかったのに・・・。)


会社が今大変やから会社の話題、すごかった・・・。

だだくさに生きている自分がイヤになる。


でもすぐ趣味の話に転じて、ほっとする。

私はオトナの話をクチは開かず聞いていました。

楽しんでいました。


手伝いの女の人が固まりになって座っておられて、

ちょっと混ざりたかった。


趣味と言っても、ここらへんの人の趣味は、祭り一色!


誰かがスイッチを押したのか、もう止まらないかたがいた。

すごいね、祭りスイッチ。


この家のご主人は相変わらずの紳士。

ハッピ姿で背筋を伸ばして熱心に耳を傾けます。


一番小さい娘さんのお友達が、

次々と玄関に現われては二階へ消えて行きました。

子供は子供のヨバレをしているのでしょうか。

娘さんは小さいご主人役ということか。


ご主人役ですが、

小さい娘さんは客間でじいちゃんや親戚のおばちゃんと

お話もしていました。


とてもご高齢のじいちゃんはとてもうれしそう。

娘さんは大人たちの質問に丁寧に答えていました。

将来についてもきちんと自分の意見を述べているようでした。


みんなに愛されてるなあ。

いい子だなあ。


ご主人は特に娘さんとお話はしていないようでしたが、

時々ちらちらと娘さんを見ておられるようでした。


ご主人のお母さんが夫に「いつもお世話になりまして・・・」

と丁寧にご挨拶をしてくださいました。

こちらこそいつもありがとうございます!!

本当にお世話になっております!


わたしは7月の祭りでの自分の態度を較べて恥ずかしくなりました。

私は祭りの一日目、我が家のヨバレから遁走していたのでした。

ヨソで飲んだり食べたりしていたのでした、

丁寧な挨拶もせずに・・・。


キリコが動くというので見に行きました。

あっという間の出来事だったのでしょうか、

わたしが到着した時にはもう片付けが始まっていました。






AD