あとしき2009春

テーマ:

2009年4月25日(土)雨


あとしき・・・どんな漢字をあてるんだろう。訊ねなきゃ。


この日、祭りが本格的に終わるんだと思います。


先日責任者の人がお酒ぶら下げてお礼においでたよ。

一軒一軒まわってるんだろうか。大変。

夫、「どもっ、またよろしくお願いしますっ!」

みたいな挨拶をしていた。


「決算報告」とあるけど、飲んで騒ぐんだろうなあ。


宮に行ったけど(寒いだろうなあ)、今頃はどっかに移動してるんだろうなあ。


教室から帰って来たら、男の人の複数の笑い声がいっぱい聞こえた。


最近気になるのは、夫、

日頃の憂さを晴らすために祭りをさせてもらっとるんだろうに、

なんか逆に変な物を溜めているような。


いろいろあるのだろうけど、大丈夫かなあ。






AD

本山2009

テーマ:

わたしたちは祭りのかたがたに大変にお世話になっているのに

それをついつい忘れてしまう。


今年は私は大変態度が悪かった。


先日の書いたのを削除しようかと思ったけど、

それはそれで先日の思いだから

残しておくことにした。


いつの間にか贅沢になっているのだ。


ものすごい幸せ。


なにをもっともっとと望んでいるのか。


幸い勤めをさせていただいているので、

勤めたくても勤めがない(この町にはナイ)ひとから

嫌味や当てこすりを言われるのは当たり前やないか。


いちいち深刻に受け止めてしまう・・・受け流さなきゃ。

たまたま当たりどころが悪い日もあるだけということなのに。


祭りは楽しむものなのに。


傍観者はつまらんかったよ・・・。

(祇園祭りの宵山ほうが面白かったなんて、

先日とんでもない強がりを書いてしまった。)


祭りに来ていたのは子持ち子連ればかりではなかったのに。


今が一番気楽で幸せ。


このくらいの気持ちで

来年こそ素直に楽しもうと思います。





AD

朝山~本山2009

テーマ:

おにいちゃんは夜中2時半頃だったか、

「気持ち悪い」と言いながら出ていかはりました。


朝8時半頃、朝山から帰らはるにいちゃんを見かけました。

まだ気持ち悪かったそうです。


わたしは花見会に出掛けました。

舟隠しとか普段は歩けないところを散策できたのが良かったです。

メンバーのかたがたの年齢層が40代から50代くらい、子供が。

でも面白かったです。きみまろ聴けたし。

河内おとこ節を砂取節(炭鉱節かも)の振り付けで踊っていらっしゃった。

踊りが血肉になっている世代だ。

お菓子もおいしかったし。

もこもこになっている桜を観ながら花見団子を食べる・・・なんか夢みたかった。


この時点で1万歩歩きました。

疲れは夕方出ましたね・・・。


3万1千歩でした。

ああしんど。


にいちゃんが祭りに大して憤懣やるかたないそうで、

「おれが発端かも」と心配していらっしゃいました。


女の人、それも祭りが廃れている地域から嫁に来て、子なし、

の者は、すごいつまらない・・・。全然面白くない。


小さい時に山に乗せてもらったねー、の思い出もないし。

記憶の中に捏造もできない。


「誰も(子供も孫も)乗ってないし、帰るわ」

の人の気持ちがよくわかる・・・。


おとこの人で、数ヶ月前から準備に携わり、

しかも本番では祭りを楽しむことのできない立場に立たされ、

面白くない・・・の人は気の毒。


でも私はどう楽しめばいいのでしょう。


どっちかというと、祇園祭の宵山における観光客のように、

傍観者の立場を徹底的に楽しむ、

風情のみを味わう。


そのほうが楽しかったわ・・・。


男の人は「あんな祭りを見に行っても参加できんやろう。つまらん」

とおっしゃるようだけど、ここの祭りのほうが、

参加できそうで、できない。


ひも引っ張ればいいだけのことかもしれんが、

つらい。


あー夜中だめや。


また書くかと思います。







AD