自分にとって適切な運動療法を知り、普段から実践していくこと。

これに限ります。

動かないで人にほぐしてもらって、電気だけ流して、やってもらって良くなろうなんて、なかなかそんなうまい話はありません。

なってしまったものは仕方ないですから、自身で動かして改善していく方が圧倒的に早いです。

というのも、実は3日前に私自身が交通事故にあいまして、、、

多少、大きめの事故でして(;´д`)

よくある「事故後の首の痛み」というものを初めて経験しました。

私が痛めたのは

頸椎と胸椎の移行部位

でした。



肉眼だと



これ、私ではありませんが(笑)
後ろから見るとちょうど髪の毛と服の交差してる周辺辺りですかね。

事故後の患者さんのお話を聞くと大体皆さんが訴えるのはこの辺。

というのも、背骨のS字カーブの移行部というのは構造的にストレスがかかりやすい所になるんですね。

首(頸椎)は背骨の中でも動きが大きくて弱く頭も重いので事故の衝撃などで最もストレスがかかりやすいのです。

最初に私が体験したのは骨折をしたわけではないので、骨が痛いというよりも、その周りの筋肉がぎゅっと硬くなって首を動かすと痛いという感じでした。

よくあるんですが、

これ、防御的な反応なのでマッサージ屋さんなんかですぐほぐしちゃダメです。

身体を守るために理由があって硬くなってくれてるので、これはこれでありなのです。

で、よく頸椎カラーで固定するという光景を目撃するのですが、事故の大きさによっては組織を痛めてしまって腫れたり
熱を持ったりするので、場合によって固定も必要なことがあります。

その辺はしっかり判断のできるお医者さんや、できたら理学療法士に状態を評価してもらうと動かしていいのかどうかの判断がつくかと思います。

私の場合はレントゲンや脳の状態に特に問題がなく、安静時に痛みもなくて首を回旋させることと上下を見る動きの時に上の画像の部位周辺が痛いだけでしたので、むしろ固定をするより動作の改善が大切でした。

ちなみに首以外でも痛みの改善は身体を動かすことがとてもとても大切ですよ(*^^*)

痛みの改善は身体を動かすことが大切です。

大事なので2回言いました^_^(笑)

レントゲンで見て意外と私も背骨がずれたりしていましたが、別にずれてても痛みと繋がることはありません。ここ、結構勘違いしている方も多いと思いますので。

まず、事故後に動かすと首が痛いのであれば最初から首を動かす必要はありません。

他のところから動かしていくと結果的に首が楽になります。

というのも首は身体中と繋がっているからです。

例えば足をストレッチするとか




あとは首を動かさずにまずは首以外の背骨の動きを改善していくのもいいかもしれません。


腰とか胸を反ったり

丸めたり。

首の動きは胸椎と連動して動いていることが必要になりますので、私の場合特に首の上下の運動の時に胸椎の動きが悪くなっていたことに気付きました。

また、頭のポジションや筋肉をしっかりと安定して動かすことで痛みはずいぶん楽になります。

例えば顎が上がって頭が前に出てないかとか

ずっとこのままだと首のストレスになりやすいかもです。
なので、軽く顎を引くようなポジションにする練習とか


腹式呼吸で深呼吸を繰り返しながらどの動作も行うと良いです。

呼吸をして全身の循環を良くしていくと痛みが楽になりやすいですよ。

特に事故後は呼吸大切です。

慣れてきたら少しずつ痛みの無い範囲で首を動かしていくと楽になると思います。

炎症がひどい時などは無理に動かすと悪化する場合もあるので気を付けないといけないのですが、逆に過度に動かさずにずーっと固定をしていると痛みが良くならないことがあります。

患部を動かすのは怖くても、他の所から動かしていくときっと治りも早くなりますよ。

できたら、きちんとお近くのドクターと理学療法士に相談できると良いですね。

事故後3日ですが、もうほとんど首の痛みは無くなりましたし(あくまで私の場合ですが)

あと残った痛みは少し組織の損傷があるのだと思いますので、そのうち治るのだと思います。

これは普段から身体を動かしている恩恵なのだと思います。

普段から身体を動かすことで、わりと身体の動きの自由がきくようになってるので幸い事故の衝撃に耐える力があったのだと思います。
ですが、普段身体をあまり動かさない方や身体がしっかりしていない方は衝撃をダイレクトに受けてしまいやすいのでしょう。

事故はいつ自分の身に降り注ぐか分かりませんので、保険に入るだけではなくて普段から自分の身体を良い状態にコンディショニングしておくことがとても大切です。


どこが硬くてどこが柔らかいのか?

どこが弱くてどこが強いのか?

たいせつな自分の身体ですから、弱点を知り改善しようと試みていくことでいざという時に対処できます。

普段から運動習慣つけましょうね🎵

そして何より

事故にはくれぐれも気をつけましょうね(;´д`)(自戒ですm(__)m)

「住んでいる地域で近くの病院やクリニックで相談に乗ってくれるドクターや理学療法士のいるところを教えて欲しい」

「どうしたら改善していくか教えて欲しい」
など、うちのスタジオはいつでもご相談に乗ります。

お気軽に連絡下さいませ^_^

では。

ボディコンディショニングスタジオBlueBirdホームページ
http://studio-blue-bird.com/

大曽根 聡Facebookページ
https://www.facebook.com/satoshi.osone

ジャイロトニック/ジャイロキネシス/身体のコンディショニング/トレーニングや運動指導/障害予防方法/現在、過去の怪我の回復促進方法などのアポイントメント方法
AD

自分らしさに気づくとき

テーマ:


小さな時も学生時代も、そして今も同じ。

描いてる夢の1つにはいつも

サッカーがありました。

大好きな横浜フリューゲルスに憧れ、ボールを蹴るようになり、その夢を大人の事情によって奪い取られ、それでもサッカー選手になる夢に向かってがむしゃらに走り回ってた高校サッカー時代もありました。

自分自身がサッカー選手になることはできなくても、選手やチームをサポートする側に回る事で願いを託し共に夢を追いかけたいという原点の気持ち。

そんな学生時代に五感で感じ、真っ直ぐだったあの頃の自分。

ここがスタートでした。

でも10年ほど時が経ち、社会的な役割や立場が少しずつ変化をしてくるにつれて、
気づけば少しずつ変化していった自分に合わせるかのように、たくさんの願いが増え、原点である気持ちが片隅に追いやられていたのかもしれません。

こうして夢を追いかける事は1人では達成することは出来ないから、僕の考えに賛同してくれた仲間が少しずつ増え、経営者的な立場で物事を見るように自分の中のレンズを切り替えていった結果、見えなくなってしまうもの、忘れてしまうものが沢山出てきてしまうのですね。

僕のお師匠の1人でもあり、スタジオオーナーでもあるトレーナーの方とこの前お食事をしていて、

オーナーである前に1人の「トレーナー」としてありたい。

というお話を聞かせて頂きました。

そうなのです。

ハッとしました。

最もシンプルであり、僕が目指していたもの

「トレーナー」と「選手」

「トレーナー」と「悩んでいる人」

「トレーナー」と「夢を追いかけてる人」

この形が自分にとって最低であり、最高の追い求めているもの。

きっとお店を経営するという視点は多くのカタチがあって、追い求めているものも皆それぞれ違うのでしょう。

でも「こうあるべき」とそれを追い求めるのは自分らしくないなって。

何が勝っていて何が負けているなんて、存在しないはず。

人ではなく全ては自分の心にあるのだから。

そう思えた時、すーっと久しぶりに自分自身と向き合えた気がしました。

たった一度きりの自分の人生なんだから、
向き合って向き合って、自分らしく。

まだまだ夢を叶える為のスタートラインに立っていないのかもしれませんが、何度でもチャレンジしていこうと思います。

夢はたくさんあります。

選手と共に叶えたい夢も、今も輝いている憧れの人へ貢献したい夢も、小さなうちのスタジオへわざわざいらして下さるお客さん皆さんとの夢もどれも大切な夢。

僕自信の夢も信頼できる仲間たちの夢もみんなで追い求めていこうと思います。

では。
AD
①私生活でも当たり前のことができない
 
②言われた事しかやれない
 
③負けたら先が無くなる公式戦前に緊張感が無さ過ぎる

④明日公式戦という状況であるにも関わらず、チームメイトを怪我させる。不用意に足を出してしまう。
 
これらは私が考えたわけでもなくどこでも言われている当たり前のことです。

身の回りを片付けられない、ゴミを捨てられない

などというレベルでは何にもうまくいきません。運もついてきません。

サッカーというスポーツ特性は

・自分の身体を気にしなければいけない

・味方を気にしなければいけない

・相手選手を気にしなければいけない

・ボールや環境を気にしなければいけない

そのような条件が全て必要なスポーツで日常から細かなことに気付いていけなければ、試合で気のきいたプレーはできないと考えます。

相手の動きにも気付くことは出来ないでしょう。

このような事を書くのは、
単純に負けて私も悔しいからです。

残された大会は冬の選手権のみ。

崖っぷちですが、勝ちにこだわりながら、

理学療法士として選手たちのマインドマネジメントをしていくことで、より運や勝利が近づいて欲しいという想いと

彼等が将来、社会で通じる人間になっていってほしいという願いがあります。

私も経営者の端くれなので、上記の4つが仕事をしていく上で大切なことは分かっていますから、どうか全てのことが繋がっていると早めに気付いてもらえたらいいなと考えます。



私の疲労感が見えてしまっておりますが(笑)
春の時に比べてだいぶマシになってきました。試合前のジャイロキネシスはやりやすかったです(笑)

まだまだ試合当日に
荷物片付けろよ~などと言われていますが、意識の変化は見えてるのでもっと大きく化けて欲しいものです。
おそらく、日常で試合は決まります。


 
 

準決勝。前橋育英に0対1で敗れましたが、冬は逆のスコアになれるよう、理学療法士として努力したいですね。
一生懸命、肘のリハビリをしている頼れる守護神の復帰も楽しみです^_^

人間性の高いお互いのキャプテン同士のワンシーン。
チーム全員この意識になってほしいものです。


私も彼らの見本となれる経営者に、大人に、人間になれるよう意識しなければですね。

では。

ボディコンディショニングスタジオBlueBirdご予約
大曽根 聡Facebookページ
https://www.facebook.com/satoshi.osone

身体のコンディショニング/ジャイロトニック/運動指導/障害予防方法/現在、過去の怪我の回復促進方法などのアポイントメント方法

fish0930satoshi@yahoo.co.jpに直接メールでご連絡頂くか
予約フォームよりご連絡下さい。
AD