さぼてんネコのさぼにゃん -2ページ目

さぼてんネコのさぼにゃん

さぼてんネコの「さぼにゃん」の何気ないけど笑える日常


テーマ:

どんなにくらいところでも、ひをともすと あかるくなるように、

たったひとことの はげましでも ひとはげんきをとりもどせるんだ。

「きみのせいで まけたんじゃないよ、チームがよわすぎただけだよ」

「ぜ、ぜんぜん はげましに なってない!!むしろ ひどいよ!」

 

 

 


テーマ:

いすを つくってくれた ひとが いるから すわれる。

やさいを そだててくれた ひとが いるから たべられる。

そうじ してくれた ひとが いるから まちが きれい。

みえないところで がんばってくれている ひとにこそ かんしゃだね。

「ちきゅうを つくった きょじんが いるから さかな たべられるね」

「そこまで さかのぼるんだ・・。それに きょじんなんて いないし」

 

 

 


テーマ:

つぎの うごきが、 きみの みらいをかえるんだ。

てれびをみるか、 ほんをよむか。

ひとだすけ するか、 みてみぬふりをするか。

かだいに とりくむか、 さきのばしにするか。

なにをするかで、みらいは かわる。

「ぼくは かだいに とりくむよ!このプリンぜんぶ、 きげん きょうまでだから」

「うれしそうだね」