画像は話に関係ありませんもぐもぐ



工務店が私達の代わりに土地の値段を下げてもらえるよう、不動産屋に口利きしてくれることになり、ドキドキしながら連絡を待っていました!

そして比較的すぐに連絡が入りました。

というのも、私達が交渉している間は他の人から同じ土地について問い合わせがあっても保留にしてくれているからですアセアセ


で、

交渉の結果は・・








150万なら値引きする。

それ以上は無理!



との回答でした札束


私達の希望は250万の値引きだったので、いい線をついてきましたぼけー

でもその時は、
それって値引きありきの上澄みを引いただけでは?
とも思って、踏ん切りがつきませんでした。


なぜかと言うと・・

例えば1150円の商品を売ってて、
今なら1000円ぽっきり!!

って言われても、
それ値引きありきじゃないの?!

って思いますよね。


そんな感じの値引き額だったからです真顔
図々しくてすみませんもぐもぐ


もうこっちが損してる気になってしまい、
そもそも当初予定していた土地の予算よりオーバーしてたので、建物にかけるお金なくなるーアセアセ
という現実的な問題もありました。。



そこで夫婦で相談して、

あと50万下がらなかったら潔く諦めようか
という話になり、工務店に伝えました。



そのときはせっかく気に入っている土地で間取りとかいろいろ妄想してたので、本当に悲しかったですえーん


そして、不動産売買では普通なのかもですけど、とにかくゆっくり考える時間をもらえないのが辛かったですショック

こんな大きな買い物、2~3日で決断しろだなんてしんどすぎるー!





で、


 しょんぼりしていると、

間に入っている工務店から提案があると言われました。



「売り主に再度掛け合ったが土地代はもう下がらない。
ただし、売り主の不動産屋に交渉して、私(工務店の営業さん)が仲介させてもらい、あなた方から仲介手数料は一切取らない。
これで決断できないか?」


との提案でした!





うーーん。
 





・・うーーーーん?もぐもぐ



なんかややこしい(^_^;)




つまり、もともと私達は(若干ミスして)売り主の不動産屋さんに仲介を頼んでいたので、
売買成立したら100万近い仲介手数料が取られるけど、工務店の営業さんが仲介に入ればその分うく。


だからあと50万値下げしてもらったのと実質的には変わらないでしょ?

という話ですお札



で、その代わりにうちの工務店で家を建ててくださいね?というのが条件。←まぁそうなりますよね。



こんな変化球がくるとは思っていなかったので、どうしようか悩みました。


最初に工務店が不動産屋に掛け合いますよって言ってくれたときは、
買い主の味方が増えたキラキラって思ったんですが、


よく考えてみると、


売り主→土地を売りたいニコ

売り主の不動産屋→手数料入るから土地を売りたいもぐもぐ

工務店→早く土地を買って建物を建ててほしいグラサン



あれ・・?

みんな私達夫婦が土地を買えば喜ぶ人じゃないですか!



味方なんていなかったーゲッソリ


と思ったからです(もう疑心暗鬼状態です)。





でもせっかく見つけた土地を諦めて
振り出しに戻って土地探しをする気力もなく、
その工務店は悪くないし、
まぁいいかなぁと思っていたところに、





本物の味方が登場しました!キラキラ





主人のご両親が住宅資金を援助してくださるとのことおねがい



おおキラキラキラキラ


いくらとは書きませんが、本当にありがたいお話!笑い泣き



人生ゲームで言うところの天使いて座

桃鉄の福の神のように現れましたコインたち



将来相続して相続税がかかるなら、住宅資金贈与の非課税制度を使ったほうがいいんじゃないかと言う話になっていたのです←この話はまた詳しく書きます。




ということで、

今思えば、土地の交渉に工務店なんか入れなければ良かったと思うことがたくさんありましたが、工務店の提案をのんで土地を購入することに決めたのでしたニコ



まぁ、土地は今でも気に入ってるので、もういいんですけどね、

土地もハウスメーカーももっとゆっくり決めたかったなぁという心残りは少しあります。。



結局本当にウィンウィンな買い方だったのかは疑問が残りますけど、損得はおいといて、
いい土地にいい家が建って、幸せだったらそれでいいじゃないかと思うことにしていますニコニコ


これぞまさに

損して得とれ!!

→人に援助してもらってなにが損だよって感じですよねもぐもぐ





こうしていろいろあった土地探しは無事に終了したのでしたー。







「損して得とれ」
目先だけの得を考えるとかえって大きな損をすることがあり、逆に今の損を我慢すれば最終的に大きな得を得ることがある。
主に商売のこつとして言われることば。