規律性がA(4点) | 人事コンサルタントのブログ

規律性がA(4点)

 勤務態度評価の規律性は、「日常の服務規律の遵守の度合い。定められた諸規則・諸規定、さらには上司の指示を守った度合い。」を評価する項目である。

その規律性の評価基準について、規則やルールは守ることが当たり前であるからしっかり守って期待通り「B(3点)」、期待を上回る「A(4点)」は通常はつかないとしている企業が多い。

ところがある会社の人事考課シートを確認したところ、規律性でA(4点)がついているものがたくさん出てきた。なぜだろうとよく確認してみると、業績評価点数が低い人の規律性がA(4点)となっていたのである。
 
多分、業績評価の点数が低いのでどこかで点数を上げてあげたいという気持ちから、特に問題が発生しない規律性でよい点数をつけたのだと思われる。

評価者の気持ちもわからないわけではないが、やはり問題だ。

規律性にA(4点)がついていたら、ルール・基準通りに人事考課をしていないと判定することができる。

 

 デジタルコンテンツ販売店

 

人事に関する記事は、同じアメブロの「評価のQ&A」に掲載しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!