2次考課とのズレ | 人事コンサルタントのブログ

2次考課とのズレ

 1次考課者と2次考課者の点数の開き、自己評価と2次考課者との点数の開きがあり困っています。アドバイスをお願いします。

 まず2次考課者がどのような方法で、2次考課を行っているか確認する必要があります。
2次考課者が直接被考課者を評価しますと、具体的な行動まで把握しておらず全体像で評価してしまい、出来事の評価ではなく人間の評価になってしまいます。

 人事考課は、被考課者の具体的な行動と成果の評価です。
通常、2次考課が被考課者一人一人について具体的な行動と成果を把握することは難しいため、直接被考課者を評価するのではなく、1次考課者が行った評価のチェックを行い、問題なければ1次評価と同じ点数にします。
(極端に甘い辛い、基準がずれている、ルールを勘違いしているなどのチェック)
問題があれば、指導して修正します。
 
 ルール・基準を守っていれば、一番近くで見ている1次考課者の方が正しいと考えます。
人事考課は、部下の評価ではなく、部下の行った行動と成果の評価です。
事実をとらえて評価することが大事です。

自己評価も含めて、どのような事実に対して評価したのか
評価の根拠となる事実をお互いに示すようにするとよいと思います。

以上、よろしくお願いいたします。

 

デジタルコンテンツ販売店

 

人事に関する記事は、同じアメブロの「評価のQ&A」に掲載しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!