緊急事態宣言4回目 | 人事コンサルタントのブログ

緊急事態宣言4回目

 緊急事態宣言を発出する以上、効果が出るようにする必要がある。

効果を出すためには、「法律により行動を制限するか」「国民の心に訴えて行動を自制するようにするか」どちらかである。

我が国では、「法律により行動を制限する」という方法は放棄してしまったようである。
そうであるなら、「国民の心に訴えて行動を自制するようにする」ことを徹底しやってもらいたいところであるが、これも放棄してしまったようだ。

リーダーが下を向いての原稿の棒読みでは、気持ちが伝わってこない。
他人事のように、抽象的な言葉、前回と同じような言葉を繰り返しても、国民の心は動かない。

話し方が下手くそなら下手くそで誠意をもって話せば気持ちは伝わるが、それがない。
さらに、記者の質問にははぐらかしてまともに答えない

「誠意を示せない」「真摯に正面から答えない」、こんなリーダーではいつまでたっても希望が見えない。

リーダーの無能無策が、国民を苦しめている。

 

デジタルコンテンツ販売店

 

人事に関する記事は、同じアメブロの「評価のQ&A」に掲載しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!