「結果がすべて」でいいですか | 人事コンサルタントのブログ

「結果がすべて」でいいですか

 結果とプロセスについて、それぞれ「よい」「悪い」の2通りを考えた場合、次の4つの組み合わせが考えられる。

① 結果がよい、プロセスもよい → 当然の成功

② 結果がよい、プロセスは悪い → まぐれ(ラッキーな外的要因があった)

③ 結果は悪い、プロセスはよい → 不運(アンラッキーな外的要因があった)

④ 結果は悪い、プロセスも悪い → 当然の結末

 その組織の中で、「結果がすべて」すなわち「まぐれでも結果のよい」方がよく評価されるのか、たまたま結果は悪くても「プロセスのしっかりしている」方がよく評価されるのか?

 あるいは、「運も実力のうち」と考えるのか「運はいつまでも続かない」と考えるのか。

 この辺をしっかり議論して、その組織として明確にすることが大事である。

 

人事に関する記事は、同じアメブロの「評価のQ&A」に掲載しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!