兼任の場合の評価者 | 人事コンサルタントのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

兼任の場合の評価者

 マトリックス組織や部下の仕事の兼任で、指示命令する上司が複数いる場合は、誰が評価するのがいいでしょうか。それぞれ別々に行うのがいいでしょうか。

 

 その会社の考え方にもよりますが、組織上の上司またはより関わりの強い上司が、その他の上司から状況を聞き、責任を持って評価するようにすると良いと思います。

 

あるいは複数の上司がそれぞれ評価し、上司間で刷り合わせて、評価するという方法でも良いと思います。

 

複数の上司が項目を分けて別々に評価すると、責任の所在がはっきりしませんし、部下も戸惑います。

 

上司同士のコミュニケーションを密にして、直属上司が責任を持って行うのが良いでしょう。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!