改革前はムリ、改革後は当たり前 | 人事コンサルタントのブログ

改革前はムリ、改革後は当たり前

 「改革者はみな不幸である」という旧ソビエト連邦のゴルバチョフ元大統領の言葉がある。

 

 

「改革を行う前は、多くの人がそんなことができるはずはないと言い、改革に成功すると、それを当たり前と言う」ということである。


 例えば、改革とは深い森に道を切り開くようなものといえる。はじめはそんなことができるはずがないと言って、作業命令を拒んでいた人が、道ができると当たり前のようにその道を使う。


 改革には抵抗がつきものであり、仮に成功しても、それが当たり前となって、改革を推進した人の努力や功績を誰も認めてくれない。でも、誰かが改革を進めないと成長できない。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!