合作による人事評価【合作する内容】 | 人事コンサルタントのブログ

合作による人事評価【合作する内容】

 何を合作するか?

評価基準の合作と評価結果の合作が考えられる。

 
 業績評価においては、今ほとんどの企業(組織)が目標管理を利用しており、業績評価の基準となる目標を期の初めに合作する形になっている。また、その目標の達成度も面談で話し合って確定する方法を取っているケースが多い。実質的にどれくらい合作になっているかは別にして、形式的には合作の形になっていると考えられる。

 
 しかし、業績評価以外の評価項目(行動評価、発揮能力評価、勤務態度評価など仕事の結果以外の評価:以降プロセス評価とする)においては、評価基準はもちろんのこと、評価結果についても合作の形式をとっているケースはほとんどない。

 
 プロセス評価の基準については、企業(組織)が求める期待する行動であるから合作というより、その基準の具体的な内容を確認することが必要であるが、プロセス評価の結果については上司と部下との合作が必要である。

 

また、このプロセス評価の結果の合作をしている企業(組織)は、私が指導している複数の「企業」「病院」「市役所」以外、今のところほとんど見受けられないが、このプロセス評価の合作こそ今後絶対に必要になってくると思われる。

 

注:人事担当者以外の人もわかるように、「人事考課」ではなく「人事評価」と表示しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!