付加価値基準 | 人事コンサルタントのブログ

付加価値基準

 ホームページ「評価の疑問 」の「これからの賞与 」の「いろいろな成果配分方式」で、付加価値基準がおすすめなのは、どういう理由からでしょうか。


 成果に対する配分ということで、「企業の成果」という観点から見れば、営業利益が一番ふさわしいと思います。
ただ、営業利益で考えた場合、役員報酬や減価償却など従業員の努力と関係しない項目も反映してしまいます。
その点、付加価値であれば従業員の努力がストレートに反映するので良いであろうという意味です。


 それをもう一段階進めて、「付加価値額-社員管理可能経費」で基準を作るのがもっとよいと思います。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。