業績連動型賞与 | 人事コンサルタントのブログ
2019年04月09日

業績連動型賞与

テーマ:06 人事管理

1 成果配分方式で考える

 一定期間において、企業が上げた業績の一部を、貢献の度合いに応じて社員に配分する(賞与に上乗せする)、あるいは、賞与総原資とするという方式で考える。
  事前に基準と割合を社員に明示することが必要である。
  また、経営数字についても、社員に対してガラス張りにしないと、信頼を得られない。


2 いろいろな成果配分方式

●  売上高基準
  (当期売上高×平均売上高対人件費率-当期既払人件費)×一定率=賞与総原資
  (実際の売上高-予算売上高)×一定率=通常賞与に加算する額

例 従業員50人のA社
  (実際の売上高-予算売上高)×3%=通常賞与に加算する額
  売上予算30億円に対して実際の売上32億円
  600万円が賞与追加原資(一人当たり12万円上乗せ)
  売上予算は前期末に売上計画を作成し、労使で合意


● 付加価値基準 
  当期付加価値×平均(標準)労働分配率-当期既払人件費=賞与総原資

例 従業員100人のB社
  今期売上高40億円、付加価値率25%、平均労働分配率44%の場合
  一人当たりの平均賃金年間320万円
  40億×25%×44%-(320万×100人)=1.2億円
2億÷100人=120万円=一人当たりの平均賞与支給額
  上記式で、当期既払人件費に最低保証の賞与分も含めば
  当期付加価値×平均(標準)労働分配率-当期既払人件費=成果配分額


● 営業利益基準
 6カ月間の営業利益×一定配分率=6カ月間の成果配分額


● 経常利益基準
  当期経常利益×(1-税率)×一定配分率(1/3)=当期の成果配分額
  当期経常利益×一定配分率(1/4)=当期の成果配分額

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ