メラビアンの法則 | 人事コンサルタントのブログ
2019年02月03日

メラビアンの法則

テーマ:06 人事管理

 話し手が聞き手に与えるインパクトには、3つの要素があり、それぞれの影響力を測定した結果を具体的な数値に表した法則。(アメリカの心理学者アルバートメラビアンが1971年に提唱)


その数値とは
 ・ 55%=視覚情報:見た目・表情・しぐさ・視線
  ・ 38%=聴覚情報:声の質・速さ・大きさ・口調
  ・ 7%=言語情報:言葉そのものの意味
ということである。


 すなわち、話の中身そのものより、声の大きさや口調などの話し方や表情など見た目の方が、相手に与えるインパクトが大きいということである。

 せっかく中身のある話であっても、小さな声でボソボソ話したり、落ち着きのない態度や下を向きっぱなしで話したりすると、相手によい印象を与えないということになる。


話は見られている」といわれるが、まさにその通りである。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス