教育は自己責任 | 人事コンサルタントのブログ
2018年10月22日

教育は自己責任

テーマ:06 人事管理

 以前、大手電力会社が全社員に公的資格を取得させるような教育制度を発表していた。業務には関係なく、一定リストの中から自分で選定した資格を取得すると1万円から50万円の一時金が支給され、資格取得のための受講料等はすべて会社で負担するそうである。 

 
 担当者のコメントとして「資格の勉強をすることで、仕事も意欲をもって取り組んでほしい」というようなことが載っていた。

 
 一企業の教育制度のことであるから、どのような制度であろうが関係ないことであるが、感想とし、「わざわざお金をかけて会社依存人間を作る必要もないものを。そんなお金があるならば電気料金を下げろ」と。

 

 教育とは自己責任で行うものであり、会社が全部お膳立てして、「ハイ勉強してください」では、確かに知識や教養は身に付くかもしれないが、教育を含めてあらゆることが会社がしてくれるもの、という依存意識が増長されてしまう。

 
 必要と思うものは、「会社の頼らず自分で勉強する」という意識を植え付けて、その結果、全社員が資格を取得したというのならば、すばらしいといえるが、会社でお金を払うからみんな勉強してくれでは、お金に頼った安易な教育制度といわざるを得ない。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

 

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス