最終成果とプロセス成果 | 人事コンサルタントのブログ
2018年07月06日

最終成果とプロセス成果

テーマ:06 人事管理

 成果には、企業業績に直結する「最終成果」と、その最終成果を上げるために確実に実施することが求められる「プロセス成果」がある。

 

 例えば、農業で春に田植えをし、水をやり、害虫駆除をし、色々手をかけて、秋に米100俵を収穫した場合、米100俵が最終成果である。

 

「適切な時期に適切な方法で害虫駆除を完了する」ことがプロセス成果となる。

 
人事コンサルタントのブログ

 

 その仕事の全体を担当していたり、全体を管理している人は最終成果を目標に、その仕事の一部(分担業務)を担当している人はプロセス成果を目標にすることになる。

 

この最終成果を目標にしたものを業績目標、プロセス成果を目標にしたものを遂行目標という。

 

今までの失敗例を見ると、「最終成果」のみを成果として捕らえ、俗いう「結果主義」になってしまったというケースが多いようである。

 

 うまく目標管理を運用するためには、成果 を「最終成果」と「プロセス成果」に分けて考え考えることが必要だ。

 

ブログ記事「成果とは 」もどうぞ。

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

    

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

 

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス