人事制度の作成で最初にすること | 人事コンサルタントのブログ
2017年12月16日

人事制度の作成で最初にすること

テーマ:06 人事管理

 今年中に人事評価制度を作成しないとならないのですが、自社で作成するとして、シンプルで皆が納得するような制度を作るには、何と何をしたらいいでしょうか。評価制度と賃金制度との関連付けも、どのように考えたらいいのでしょうか。

 
資料を見ても、総論は書いてあるのですが、具体的にどうしたらいいのかがわかりません。ご教示いただければ幸いです。
 
 人事評価制度を作成されるということでが、簡単に考えるといいと思います。
 
1.賃金制度の整備
 
 まず、賃金制度の整備、あるいは、自社の考えの明確化が必要でしょう。
 
何によって賃金が決まるのかを明確にする必要があります。
 
年齢なのか、勤続なのか、能力なのか、職務内容なのか、成果なのか、・・・ あるいはそれら複数の合計なのか?
 
もし、年齢で決まるのであれば、何歳はいくら、もし、勤続が必要であれば、勤続何年でいくら、もし、能力で決まるのであれば、どのような能力があればいくら という風に、1対1の対応で金額が決まるように考えます。
 
それらを勘案して、総合的にいくらというのはあまりよくありません。
 
2.評価制度
 
 賃金決定要素が決まったら、その測定方法を考えます。年齢や勤続は明確に測定できますが、能力や成果はすぐには測定できません。
 
自社で求める能力はどのようなものであり、どう測定するのか自社で言う成果とは何であり、どう測定するのかを考えます。
 
測定方法がないのに、「能力給だ」「成果給だ」といっても、意味ありません。
 
そうなると、その賃金制度にあった評価制度が必要になります。
 
誰が何を評価するのか、その基準は何かを決める必要が出てきます。
 
成果向上型人事制度の作り方(HP版) で、詳しく説明しておりますので、参考にしてください。
 
 「人事制度(特に賃金制度)を作る、変える」という事は相当のエネルギーを必要とします。それ相応の覚悟を持って取り組む必要があります。 がんばってください。
 

 

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ