人気ブログランキングへ
2017年04月19日

職能要件書の作成方法3

テーマ:06 人事管理

(前回の続き)

 

職能要件書の作り方

 

1.職種ごとに仕事を洗い出す

 
 この場合、実施業務を中心に行う。

 

2.課業の割り出し

 
 各仕事を課業まで分解し、課業カードに記入する。課業名と具体的内容を記入し、誰でもがわかるようにする。(目で確認できる行動で表現する。)

 

3.等級付け

 
 各課業に難易度をつける。または等級定義を参考に等級を付ける。
 

この場合、課業の習熟レベルは「独力でできる」レベルとする。
同じ難易度または等級のものどうし分類する。
この時点で、職掌ごとにすり合わせし、極端なズレがないようにする。

 

4.課業一覧表の作成

 
 課業一覧表を作成し、現状とのズレを確認する。理想と現実のギャップを埋める。

 

5.職種別等級別職能要件書に転記

 

 習熟能力は上位等級から順番に記入する。

 

該当する課業がない場合は、習熟レベルを変えることで前後1等級に割り振ることができる。

 
 修得能力は下位等級から順番に積上げ式で記入する。

 

下位等級に書いたものは上位等級に書く必要はない。

 

この場合、文章表現に(特に文末)注意すること。

 


 

仕事の基本」研修動画(10分)もご覧ください。

  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)もどうぞ!

       

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kana_3さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。