逆セクハラ | 人事コンサルタントのブログ
2011年02月04日

逆セクハラ

テーマ:09 世間の出来事

 「Business Media 誠」のインターネット調査によると、20~30代男性の4人に1人が、「逆セクハラ」に悩んでいるそうだ。


 「あなたは職場で、女性の上司や先輩から不快な思いをさせられたと感じたことがありますか?」の質問に4人に1人(25.5%)が「不快に感じたことがある」と回答していることだ。

 

 具体的には、「適切でない表現で指示・指導を受けた(人格否定、差別的発言、怒鳴るなど)」(31.0%)と答えた人が最も多く、次いで「『男のくせに』『女の腐ったような』など、男性であることを理由にして不快だと感じることを言われた」(26.6%)、「容姿・年齢・私生活などを話題にされた。『結婚はまだか』『子どもはまだか』などと聞かれた」(26.2%)などの回答があった。

 

 さらに、「食事、デート、旅行、酒席などにしつこく誘われた」(7.2%)、「性的関係を強要された、またはその誘いを受けた」(3.8%)、「性的な内容の電話、手紙、メールなどを受けた」(2.0%)といった逆セクハラのような回答もあったとのこと。

 

 対応策について、「誰かに相談した」という人は2割にとどまる一方で、「何も対策をとらなかった」は4割を超えたそうだ。

 

 「上司の女性にセクハラ(パワハラ)された」とは言いにくいだろうから、「男はつらいよ」でおわってしまうのだろうか。

 ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします


kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス