協調性の評価 | 人事コンサルタントのブログ
2011年01月27日

協調性の評価

テーマ:03 人事考課

 会社の中にはそれぞれ持ち分というものがあります。みんながそれを守ることによって組織の中の分業が成り立っています。

 

 ところが、個人が持ち分を守ることだけにあくせくし、他人の仕事に注意を払わなければ全体としての効率は低いものになってしまいます。

 

 そこで、それぞれの持ち分の接点のところでは助け合い、力を合わせ

る必要があります。それが協調性です。

 

 しかし、協調性を云々できるのは自分の持ち分を一通り果たした上でのことです。


 つまり、責任性が「標準:B」以上でないと協調性に「期待を上回る:A」をつけることはできません。


 自分に任されたことをやらずに他人の手伝いばかりしているのは、単なるで「おせっかい」に過ぎません。

 


ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。


kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス