能力主義と成果主義 | 人事コンサルタントのブログ
2010年10月31日

能力主義と成果主義

テーマ:06 人事管理

 よく成果主義とか能力主義とか言われますが、どう違うのですか?


 色々な場面で、色々な使い方をされますが、私は次のように考えています。


1.広義の能力主義

 年齢や勤続等で賃金を決める年功制に対して、「能力や成績、取り組み姿勢などを評価し、賃金等処遇に反映させようとする考え方」を、一般に能力主義という。

 新聞などでは、職能給、職務給、年俸制など、年功賃金以外のものを総じて、能力主義としているところが多い。


2.能力主義と成果主義

 能力主義と成果主義」と分けて考えた場合は、次のようになる。 


能力主義
「何ができる」という職務遂行能力を処遇の基本とし、取り組み姿や仕事の結果・成果を加味して、処遇に反映する考え方。
インプット(投入能力、投入努力)とアウトプット(成績)を評価の対象とする。


成果主義
「何をどれだけやったか」という仕事の成果を評価し、処遇に反映する考え方。
アウトプットのみを評価の対象とする。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。


kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス