まさかいくらなんでも寿司 | 人事コンサルタントのブログ
2010年04月17日

まさかいくらなんでも寿司

テーマ:14 駅弁

 大館の「鶏めし」の記事をきっかけに、ブログに駅弁のテーマを追加した。今後、出張で出会った駅弁を紹介していきたいと思う。

 

 昨日、酒田から新潟を回って帰る途中、新潟駅の新幹線ホームのお弁当屋さんに「まさかいくらなんでも寿司」というのが置いてあったので、いくらの色に引き付けられて、買ってみた。

 
人事コンサルタントのブログ-maska1
 

「まさか」の「ま」は鱒、「さ」は鮭、「か」は蟹に頭文字で、これにいくらを加えた4つの味が楽しめるという寿司弁当である。

 

 寿司なので、ちょっと小ぶりの容器にめしが詰まっているという感じで、1粒で4度楽しめるというのが特徴である。

 
人事コンサルタントのブログ-masaka2
 

 それぞれそれなりの味であるが、単品で比べれば、鱒は富山の「ます寿司」、かには福井の「越前かにめし」、さけといくらは仙台の「はらこめし」の方がおいしいような気がする。

ただ、一度に4つの味が楽しめるということを考えれば十分満足できる。

 

値段は1,050円。駅弁としては相応だろう。
星2つ。★★


ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いいたします。

  

マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!


kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス