いいかげんな成果主義 | 人事コンサルタントのブログ
2010年03月13日

いいかげんな成果主義

テーマ:06 人事管理
 今期から今勤めている会社で成果主義が導入されました。半年前に事前連絡があり、準備に半年も掛けるのだからちゃんとしたものだろうと思っていたのですが、蓋を開けてみたら、名ばかりのような気がしてなりません。というのも、会社や部門の目標は曖昧なもので、個人の目標設定に際しても上司からは何のガイドラインも示されませんでした。評価基準も公表されないまま、導入に至ってしまい不安でいっぱいです。小さい会社ではこんなものなのでしょうか?(Nさん)

 こんにちは、よくある「成果主義導入の失敗の例」ですね。

1.成果の出る仕組を作らないで、成果だけを社員に押し付ける経営者
2.経営者の成果責任を明確にしないで、社員の責任追及する経営者
3.賃金抑制のための理由付けとして成果主義を導入する経営者
4.権限を与えないで、やり方方法は従来どおりで、成果だけ求める経営者


・・・・・ 困った風潮ですね。 まず経営者自身が成果主義を実践してみることが必要です。

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 成果主義の賃金制度を成功させるには

1.賃金には関係なく、成果を上げようという意識の高揚を図る。(夢、ロマン、働く意義)
2.成果が上がる仕組を作る。
3.成果を測る仕組を作る。成果以外の部分の評価のルールを付加する。
4.それによって評価の納得性を高める。


などが必要ではないでしょうか。

ちなみに、私は成果主義の人事制度ではなく、成果向上型人事制度 をお勧めしています。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス