自己評価の留意点 | 人事コンサルタントのブログ
2010年03月08日

自己評価の留意点

テーマ:03 人事考課
 この度初めて自己評価を提出することになったのですが、所属部署が移ったばかりで、なんとも評価がしにくいところです。どうしたものでしょう。

 自己評価の内容が不明なので詳しいことはいえませんが、自己評価の目的は
 1 自分自身が自己の仕事振りを振り返り、「気づき」を与えること
 2 社会的習熟度(客観的に自分を見つめることができるかどうか)をチェックすることに
、あると思います。
 特に2に関しては、独りよがりな自己評価では社会的習熟度が低いということになってしまいます。

例えば、
 ● 年配に多い例ですが、極端に低い自己評価をして、謙虚さを強調するとか
 ● 若い人に多いのですが、極端に高い評価をして、自己アピールする
のは、社会的習熟度が低いということになります。(上司も社会的習熟度が低いとそれに惑わされますが、・・笑)

 客観的事実に基づいて、自己評価なさるのがよいと思います。
 新しい部署に移ったばかりということですので、事実や根拠のある部分はしっかり自己評価して、不明点な箇所については、標準点をつけた上で備考欄にその旨を記述しておくのがよいと思います。

 自己評価の項目の内容によっては、新しい部署でも判断できるものもありますが、その点が不明ですので、上記のような回答でご容赦ください。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス