高校時代の文集 | 人事コンサルタントのブログ
2010年02月04日

高校時代の文集

テーマ:12 日記

 高校2年生の時の「文集」が出てきた。授業とかではなく、受験勉強の最中、気分転換で自主的に作ったものである。


 人事コンサルタントのブログ-bunnsyuu


今読み返してみると、結構生意気なことを書いている。例えば巻頭言。

  

● 巻頭言


 自分がしたいと思っていることをする時間がないとこぼすものは、概して怠惰なものである。実際は、人はたいてい、なそうと思うことに対しては、時間を作ることができる。たりないのは、時間ではなく、本当は意思である。
 私はこの文章の主旨に基づいて、この文集を編集します。1971年2月8日


1971年ということは、39年前。


当時は文集、今はブログ。あまり変わっていないような気がする。 

 

ちなみに「豌豆」という名前は、その時の担任の先生が「遠藤」先生だったからである。

 

人材・教育ブログもよろしくお願いいたします。

  

マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス