配転者の人事考課 | 人事コンサルタントのブログ
2009年11月08日

配転者の人事考課

テーマ:03 人事考課

 いわゆる能力主義の人事考課制度ですが、まったく違った部門からの配転者の人事考課はどのようにするのでしょうか?ちなみに考課要目は成績考課、勤務態度考課、能力考課に分かれています。(人事担当者Nさん)

 

 成績考課は与えた仕事(目標)を達成したかどうかをみるものですが、いきなり異部門からの配転者に等級相当の仕事を与えても達成できないこと想定されます。そうすると会社も困るし、本人の評価も悪くなってしまい、配転者が不利になります。そのようなことを回避するため、配転当初は簡単な仕事を与えて、達成しやすいように考慮する必要があります。

 

 考慮の方法は、通常、配転後半年間は等級より2ランク低い仕事、次の半年間は1ランク低い仕事を与え、1年後から等級相当の仕事を与えるようにします。低い仕事を与えることができない場合は等級相当であっても、チャレンジ+1を適用して、上方修正します。

 

 勤務態度考課は、どの部署でも同じように求められるものですから、配転を考慮せず通常通り行います。

 

 能力考課は、格付け等級としてふさわしい能力があるかどうかをみるものです。上記のように等級より低い仕事を与えた場合は、それができたとしても考課不能になります。

  考課不能で空欄にすると処遇上不利益になるでしょうから、便宜上の処置として配転前の平均点を記入するなどして対応します。


 以上、よろしくお願いします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス