人事制度を早く構築したい | 人事コンサルタントのブログ
2009年09月24日

人事制度を早く構築したい

テーマ:06 人事管理

 目標管理や業績評価制度が無い為社長の判断で給与、昇給を決めている状況。1年後2代目に社長交代する予定の為、賃金や評価など人事制度を早く構築したいと思っています。どのように進めていけばよいでしょうか。

 

 今まで会社が存続していうということは、現時点で立派な人事制度がある証拠だと思います。
よい人事制度がなければ、会社は永続発展できないはずです。御社には、立派な人事制度があるのです。

 

 ただそれが、社長さんの頭の中に存在に、見えない状態になっているのです。ですから、まず、今社長さんの頭の中にある人事制度を「見える化」することが大事です。

 

 その上で、現状の問題点を修正したり、将来に向かって必要なことを加えたりして、作り上げていくとよいと思います。現状を否定してまったく新しいものをいきなり導入しても、うまく機能しないと思います。

 

 したがって、社長さんの考えていることを、社長さんが自らオープンにするか、誰かがヒアリングして解き明かしていくか、あるいは、それにプラスして今までの決定方法や幹部の方の意見を聞いて推測して、現状、人事の仕組みを見えるようにすれば良いわけです。
その気になれば、社内で充分できますし、逆に社内の人の力がないとできないことです。

 

○ 外部コンサルタントを活用する


 ただ、そうは言っても現実的には社長さんから社員がヒアリングをして、本音を聞きだすということがなかなかできないため、私のような外部の人間がお話を聞いて作り上げていくことがコンサルティングの内容になります。
ご意向を聞いて、より効果的な方法や合法的な方法、より社員の方にわかりやすい仕組みに、アレンジしてその会社の実情にあった制度を作っていくことになります。

 
 その場合、「人事制度を整備するまでに(見えるようにするまでに)、期間がかからない。社員の手間が大幅に削減できるため、結果的には経費の削減につながる。社員に対する説得力が高まる。」などのメリットがあります。

 

○ 当社でコンサルティングを行った場合

 
 当社のコンサルティングには、完全請負型と、会合型があります。
大企業で人事スタッフが多い場合は会合型、中小企業で人事スタッフが手薄の場合は、完全請負型をお勧めしております。


 完全請負型ですと、賃金の構成や仕組みを整備して、自社にあった形の評価制度を導入し、来年の4月から施行期間を開始するというスケジュールには充分間に合います。骨組みや仕組みの構築は3ヶ月くらいでできます。
後は、以降処置の検討や社内説明会、考課者研修などを行い、6ヶ月間あれば十分導入できます。(規模や状況によりますが)

http://www.sabcd.com/13eigyou/82eigyou.htm#1

 

○ 人事制度予備診断を利用する

 
 人事制度の再構築といいましても、どこまで手をつけたらいいのか、どのようにすればいいのかが、明確になっていない場合があります。

 

そこで、それらを明確にするために、コンサルティング以前に現在の人事制度の現状を分析して、本当にコンサルティングが必要であるかどうかを検討し、また、必要であれば、どこをどのように直せばいいのかを明確にして見直していく必要があります。
これらを明確にすることがこの予備診断の目的です。

 

 また、この予備診断はその後の人事コンサルティングを前提としたものではありません。
したがって、この診断結果が出てからコンサルティングを依頼するかどうか、判断できます。
仮に、引き続き当社で人事コンサルティングを行う場合は、会合数を1回省略できますので、その分割引きになります。

 

参考資料  を添付いたしますので、参考にしてください。
ご覧いただいて、御社のご意向に会うようでしたら、一度お伺いして、詳しくお話をお聞きしたいと思います。

 

以上、よろしくお願いいたします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス