役員の評価 | 人事コンサルタントのブログ
2009年07月17日

役員の評価

テーマ:06 人事管理

 新しく人事制度を導入したり、評価制度を導入したりしても、しらけた雰囲気になってしまうことがあります。それは、社員にばかり成果を求めて、例えば年俸制といっておきながら、役員は評価もされず、報酬も保障されている場合です。

 

 一番先に評価されるのは、役員のはずです。役員の評価をどうするか、ここをあやふやにして、社員に厳しいことを求めてもうまくいきません。

 

 役員の評価制度をつくり、それから管理職の評価、最後に一般社員の評価制度を作っていくのが一番良いと思います。

 

評価される人が評価するから、正しい評価ができます。

評価されない人が評価すると、感情での評価(自分にとって都合がよいかどうかの評価)になってしまいます。

 

「社長は社会から評価され、役員は社長から評価される。」というような仕組みが必要です。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス