究極の景気対策? | 人事コンサルタントのブログ
2009年03月07日

究極の景気対策?

テーマ:09 世間の出来事

 今年の2月14日、日本の財務・金融大臣がG7後の記者会見で、ろれつが回らないなどの変調が見られていた。15日には、その状況が「居眠り会見」として世界に発信され、17日には辞任発表となった。その時、円相場は、・・・

 

 2月13日のドル円の終値は、91.91円。辞任発表の翌日18日の終値が93.77円。その後、ずっと円安基調が続いて3月6日の終値が98.26円。5日には99.67をつけている。

 財務・金融大臣の状態を見て日本に不安を感じた世界の投資家が日本売り(円売り)にはしった結果であろう。
 
人事コンサルタントのブログ-doruen


 あの「居眠り会見」以来、6円以上の円安になっている。円安がよいか円高がよいかは、色々議論が分かれるところであるが、少なくても輸出産業にとってはプラスである。

 

2008年10月22日の中日新聞によると「トヨタは年換算で、1円の円高に対し、ドルで約400億円、ユーロで約60億円の為替差損が生じる。」そうである。

 

ということは、トヨタだけ考えても、6円の円安で2400億円のプラス効果を及ぼしたことになる。これは、すごい景気対策だ。(笑)

 

これは、もちろんジョークですよ、念のために。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス