ライスとご飯 | 人事コンサルタントのブログ
2008年09月04日

ライスとご飯

テーマ:12 日記

 レストランでご飯を注文すると、ライスと称してお皿に薄く盛ったご飯が出てくる。フォークとナイフを使った場合に取りやすいようにとの配慮だと思うが、・・・。

 

 普通に考えて、ご飯は暖かくて水分をある程度含んでいる方がおいしい。お皿に薄く盛ってしまうと、早く冷めてしまう。空気に接する面積が大きくなるので、水分も早く飛んでしまい、ちょっと時間をおくとパサパサになってしまう。

 
お客においしいものを提供することに日夜努力している料理人が、なぜおいしいご飯をおいしく食べられなくなるライスという方式で提供するのだろうか?

 

レストランであっても、ご飯が一番おいしい食べ方は「お茶碗に箸だ」と主張しても良いのではないだろうか。


kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス