朝青龍の処分 | 人事コンサルタントのブログ
2007年08月01日

朝青龍の処分

テーマ:09 世間の出来事

 横綱朝青龍が、腰とひじを痛めて夏巡業に休場届を出しながら、帰国したモンゴルでサッカーをしていた問題で2場所の出場停止と4カ月の30%減俸とする処分が決まった。師匠の高砂親方(元大関朝潮)は4カ月の30%減俸だそうだ。

 

 この処分が甘いか厳しいか、ネットのアンケート調査によると66%が甘い、25%が妥当ということである。(残りは厳しい7%、処分の必要ない4%)


 仮病で巡業を休んでサッカーを楽しんでいたのか、あるいは、すごい怪我であったがモンゴルの英雄として政府からの要請を断りきれずモンゴルでの相撲人気をより高めるために無理をしてサッカーに参加したのか、真実はわからない。


 真実はわからないにもかかわらず、仮病でサッカーしているような報道ばかりが続き、それを真に受けたファンからの抗議が、今回の処分に結びつけたのであろう。
 
 もしこれが白鵬であったら、「怪我をおしてチャリティーサッカーに参加したモンゴルのヒーロー」と好意的に報道されたかもしれない。


 やはり、人気や日ごろの行動(過去のトラブルなど)が影響するのであろうか。


 ちなみに、一般の労働者には、労働基準法91条「減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払時期における賃金の10分の1を超えてはならない」という減給の制限がある。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス