コース別人事 | 人事コンサルタントのブログ
2007年06月01日

コース別人事

テーマ:06 人事管理

 コース別人事制度を導入したいと思っていますが、どのようなことに注意すればいいでしょうか?なにかアドバイスをお願いします。

 

 コース別の人事制度をご検討ということですが、コース別人事というと、大まかに次のようなコースが考えられます。


1.一般社員に対する総合職・一般職(事務職)などの区分
2.管理職に対するライン職とスタッフ職(専門職)などの区分
3.人事異動や転勤の有無を反映したナショナル社員、エリア社員などの区分


 ただ実際に運用すると
1.は男女差別の隠れ蓑的になってしまう。
2.はスタッフ職が役職待機者または役職不適任者の受け皿になってしまう。
3.は個人の希望を尊重すると、思うように人事異動できなくなってしまい、結局会社の方で指定するようになってしまう。
などの問題点も出てきます。


 したがって、コース区分の定義を明確にするということと、コース変更のルールを明確にすることが必要です。その際、仕事以外のモノで区分しようとすると色々問題点が出てきますので、単純に分類するようにするよいと思います。

 
 「コース別人事」をもう一歩進めて、「職種別賃金」にした方がハッキリしますし、運用も明確にできます。社内の仕事を大きく職種別に区分して、その職種ごとに賃金制度を作成するという考え方です。
例えば、営業、企画スタッフ、事務スタッフ、製造ジュニア職、製造シニア職というような区分です。


 これですと実際に行っている仕事(役割や職務価値)で区分するわけですから、納得性が高まります。後は職種転換のルールを決めればよいことになります。

以上、よろしくお願いいたします。

kana_3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス