sabbath-hairのブログ

sabbath-hairのブログ

エクステ専門の美容室
サバスヘアーです。



中央折返しの四つ編みで
「いかに自然に伸ばすか!」
にこだわっております。




必ず・・・馴染ませます(^^)


sabbath-hairのブログ

 



   ショートからロングに・・・

フルオーダーメイドのエクステ付け放 ¥20,300~
sabbath-hairのブログ sabbath-hairのブログ




            official web site 


sabbath-hairのブログ








Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
施術のながれ その1からの続きです。

施術時間と料金を確認していただいてから施術に入ります。

1 エクステの毛束をミックスしてお客様の髪色に合わせます。
 さらに色の配置を考えながら毛束を分け取っていきます。→
詳細はコチラ

2 エクステが馴染みやすくなるように地毛をカットします。→
詳細はコチラ

3 中央折返しの四つ編みでエクステを付けていきます。
 装着するポイントはコチラから・・・
 本数はなりたいスタイルや地毛の状態によって変わってきますが、
 馴染みをよくするために頭全体で80本位は付けたいところです。
 地毛が短い、馴染みにくい方だと100~120本位付けてもいいと思います。
 本数は多いほうがスキマができにくいのでイロイロなアレンジもしやすいです。

4 エクステを付け終わったら、そのままの状態で馴染みを確認していただきます。

 


地毛はショートですがアイロンしないと馴染まないなんてことはありません。


5 なりたいスタイルに合わせてエクステをカットしていきます。

6 ご希望に合わせてストレート又はコテ巻き仕上げで終了です。


 おつかれさまでした。



トータルで3~4時間位です(汗)

ホントに馴染むエクステをご希望の方は当店にご相談下さい!!






テーマ:
前回にも少し書いたんですが・・・

もう少し詳しく施術のながれについて書きます。


新規の方の場合、受付時にカルテのご記入をお願いしています。

ご記入が終わりましたら、

「アレルギー等はありますか?」

「エクステは以前にも付けたことはありますか?」


・・・と、簡単な問診をします。

エクステが初めての方には、

「当店のエクステは人毛100%なので、基本的にはクセ毛です。
ストレートタイプでもだんだんウネってきますが大丈夫ですか?」


・・・と、確認します。

その後セット面に移動していただいて本格的なカウンセリングをします。

「どんなカンジで伸ばしたいですか?なりたいスタイルはありますか?」

希望のスタイルを確認したら・・・

「お客様の場合、自然になじませるために頭のこの辺りの位置からエクステを付けます。全部で○○本(又は○○g)位は必要になりますがよろしいですか?」

・・・と、実際に仮の毛束を当てながら確認します。
(ここでエクステの長さと量を決めていきます。地毛の長さや毛量によって本数も変わってきます。)

ぱっつんボブや毛量が多い等なじみにくい方には

「地毛を少し削って軽くしてもいいですか?」


・・・と、確認します。

(地毛を伸ばしている方は長さを変えないで毛量を調整します。)

「カラーリングは最近ですか?」

(最近のカラーリングの場合、退色等でエクステの色と合わなくなることがあります。
その場合は少し明るめの色を混ぜながら色合わせします。)

ハイライト・ローライト・グラデーションカラー等ご希望がありましたらお申し付け下さい。
(無料です。)


これでカウンセリング終了です。

施術時間と料金を確認していただいて施術に入ります。


次回につづきます。








テーマ:
一人四つ編みでエクステを付けてます。

編んでる途中は電話に出られないこともあります(汗)

手が空いてる時には大丈夫なんですが・・・


電話に出るのは、私ディレクターの中野です。やさしく応対しますよ(笑)

この時にお尋ねしたい事は、

「はじめてのご来店ですか?以前にご来店されたことはありますか?」


「メニューはお決まりですか?それともご来店時に相談して決めますか?」


「地毛の長さと髪の色はどんなかんじですか?」
(ショートとかボブとか肩につく位とか・・・ 明るめとか暗めとかアッシュとか・・・)


もう一つお伝えしたいことは、

「施術時間は3~4時間位かかります。」


ってことです。

私一人で、受付、カウンセリング、エクステの色合わせ、毛束の取り分け、

地毛のカット、エクステの装着(80~120本)、エクステのカット、仕上げ・・・

付け放題のコースは基本的に上記の流れで施術します。


特にエクステの装着中は、なかなか手がはなせないので

電話に出られなかったりします・・・

そんなこともありまして・・・

オススメのご予約方法は・・・

ホットペッパービューティーからのネット予約です


リクルートIDの会員登録が必要になりますが、ポイント等も貯まって結構便利ですよ~!



ご予約お待ちしてま~す!!


テーマ:
当店のエクステ付け放題コースは、すべて地毛カット込みです!!

・・・だってカットしないと・・・
せっかくエクステしても なじみが良くないから・・・

特にボブの方は、カットなしのエクステでなじむ方は少ないです。


私が一番ウリにしたい(こだわってる)のは・・・

エクステと地毛とのなじみ!!

自宅での再現性です!!



エクステ装着前の地毛カットと
エクステ毛束のカット・・・かなり大切です!!

重ためのスタイルが流行ってるせいか
毛先をパツンとカットしてる方が多いみたいです・・・

エクステを装着する時には、装着部分の毛先は少し調整した方が
なじみがいいと思います。


エクステを装着して重ためスタイルにする時にも、
エクステの毛先はパツンとカットしない方がいいと思います。

エクステって束の毛だから、パツンとカットすると
少し動いただけで毛先のラインがガタガタに見えちゃいます。

「一本一本の毛束は先細りにカットしてあるケド、
毛束が重なりあうことでラインと厚みが出てる」
って感じがベストだと思います。


(画像は、エクステ一本のカット後の毛先部分です。
 ストレートタイプをコテ巻きしてます。)


地毛の調整カットと、エクステのカットをキッチリすることで、
自宅でのスタイルの再現性と、アレンジの幅が広がります!!



とくに短めなパッツンボブの方!!

「地毛カットナシ・太い毛束で○○本・・・
さらにエクステカットもパッツンで!!」

・・・なんて・・・やめて下さい!

必ず後悔すると思います・・・

(えりあし部分にエクステが付いてない・・・
・・・なんてこともよくあるみたいです・・・)



ぜひ当店にご相談下さい!!



テーマ:


エクステの毛束は工場で加工された毛です。
コーティングによってキレイになってます。
シャンプーしてるうちに徐々にコーティングがとれてきます。
すると、だんだんクシどおりが悪くなったり、絡まりやすくなったりします。

きちんとお手入れしてあげると2~3ヶ月位はイイ状態を保つことができますが、
チョットサボると地毛とは比較にならないスピードでダメージが進行します。

・・・何をすればいいの・・?


「エクステはブラッシングが重要!!」

エクステは放っておくとすぐに束になろうとします。
最低でも、朝起きて・シャンプー前・寝る前のブラッシングは必須です。
スタイリング後も、ブラッシングして束をほぐすと自然な仕上がりに!!

エクステはデリケートです。ウエット時は特に強度が下がります。
必ず乾かして、やさしく丁寧に、根元の編み目に引っ掛けないようにブラッシングして下さい。


「シャンプー・すすぎ・トリートメントに注意!!」

シャンプーする時は、根元の編み目部分は指を立てて軽く揉み洗い。
エクステ部分は泡をつけて指を通しながらやさしく洗って下さい。

すすぎはしっかり行って下さい。特に根元と編み目部分は充分に!!
(根元と編み目部分にはシャンプー剤などが残りやすいです。
かゆみ・炎症の原因となる場合もありますので入念にすすいで下さい。)

トリートメントは必須です。エクステのコーティングを補うためです。
ただし、地肌と編み目にはできるだけ付けないで下さい。
(トリートメント剤を地肌・頭皮に付けても何もメリットはありません。油ですから・・・
頭皮のベタつきや、かゆみ・炎症の原因となる場合もあります。
また糸ゴム部分に残るとすべりやすくなってエクステがはずれやすくなることがあります。)

洗い流さないタイプのトリートメントも併用するとBESTです。
ただし、オイルタイプでドライ後にもベタつきが残る物はやめたほうがいいでしょう。

寝る前は必ず乾かして下さいネ!!


シャンプー・トリートメント・仕上げ剤のなかには、エクステと相性の悪いモノもあります。
間違いないのは、当店取り扱いの商品ですが、一般市販品でもほとんどのモノは問題ありません。

ただし、この商品はヤバイってモノもあります

・・・それは来店時に・・・


せっかくのエクステですから、ガンバってキレイに長持ちさせて下さいネ!!


テーマ:
当店のエクステは、特にショートやボブの方に喜んでいただいております。

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000038402/review/


ありがとうございます(^^)




ウチのエクステは、とくに変わったことをやってるワケではありません・・・

とくにこだわってることは・・・



やや細めの毛束で本数を多く付けること。
(ショートやボブの方で80~100本位)

襟足部分にできるだけ短い地毛を残さないこと。
アップにした時にキレイ!)

表面部分ギリギリまでエクステを付けること。
中央折返しの四つ編みなので編み目がコンパクトで目立ちにくい)

地毛とエクステの色合わせをキチンとすること。
ベース色、やや明るめの色、やや暗めの色を作って適所に配置します)

エクステが馴染みやすくなるように地毛のカットをすること。




これだけやったら結構なじむんですよ(^^)


3~4時間位かかりますが・・・(汗)




こんなエクステ屋は、珍しいんでしょうね・・・^^;







テーマ:


エクステの編み目の比較画像です。
金髪の地毛に黒のエクステを編み込んでいます。

画像右は、当店で通常施術している、毛束の中央折り返しの四つ編みです。
画像左は、毛束の片方を折り返して三つ編みしたモノです。




画像右には中途半端なエクステの折り返しがありません。
編み目の大きさを比べると、右の方がコンパクトに見えます。(画像上の部分)
中間部の毛束の太さを比べると、右の方が太く見えます。(画像下の部分)
中央折返しの四つ編み(画像右)は毛量に対して編み目がコンパクトです。


メリットは、表面近く(フロント・トップ等)にエクステをつけた時や、
アップにした時など、編み目が見えても気になりにくい!
本数が多くても不自然な根元のゴツゴツ感が少ない!



ナチュラルなエクステスタイルを創るための必須ワザです!!

テーマ:
 

カットやパーマはもちろんですが、
エクステでスタイルを創っていく時にも
創りたいスタイルの展開図がわかってないと
再現性の高いスタイルにはなりません。

展開図とは・・・ヘアスタイルの設計図です。(画像はアゴ位のボブ)

頭の、この部分はこれ位の長さで・・・を図にしたモノで
我々はスタイルを創る時に、展開図はもちろん骨格・毛流等を常に意識して
仕事します。


特殊系でない限り、スタイルの長さを決めるのはアンダーセクション(青部分)です。

エクステでナチュラルなロングスタイルを創るためには、まずアンダーセクション(青部分)を伸ばさなくてはなりません。

当店では、アンダーセクション(青部分)に40本位装着します。
エクステの長さが胸位なら60g位です。地毛が5cmあれば装着可能です。

アンダーセクションだけのエクステでもロングにはなれますが・・・・・・・

オーバーセクション(赤部分)・ミドルセクション(黄部分)の長さがそのままでは、つながりが悪く
なじみにくいスタイルになってしまいます。

地毛がボブの方がやっちゃうと・・・




まちがいなくキノコやクラゲになります!!



オーバーセクション(赤部分)・ミドルセクション(黄部分)の地毛を切ったり梳いたりすれば
なんとかなじむかもしれませんが、一昔前のウルフ風のスタイルになってしまいます。



最近主流の重ためスタイルは、全般的にオーバーセクション(赤部分)が長めです。

ナチュラルな重ためスタイルを創るためには、
オーバーセクション(赤部分)の長さも伸ばす必要があります。

・・・エクステでオーバーセクションを伸ばすと・・・

編み目が見えやすくなってしまいます。(B系・・・?)

ナチュラル系を求める方には、コンパクトで目立ちにくく、
見えてもキレイな編み目が理想的だと思います。
(中央折返しの四つ編みがベストです!)


「ナチュラルにしたい!!」ならば、オーバーセクションのエクステ装着ポイントは重要です!!
装着ポイントが5mmズレると、ヘアスタイルのシルエットが崩れたり・・・
頭が大きく見えたり・・・




ナチュラルな重ためスタイルにしたい方は是非ご相談下さい



テーマ:
 
 
 


髪色とエクステの色が合ってないとヒサンです。

合わせる方法はいくつかありますが・・・


その1、エクステの毛束に合わせて髪を染める。
・・・美容師さんの腕次第で、たぶん近い色にはなると思いますが、
同じ色にはならないでしょう。
色味にもよりますが、地毛の退色が進むとヒサンなことに・・・


その2、髪色に合わせて近い色の毛束を選ぶ。
・・・髪色は人によってみんな違います。何百・何千色もの毛束があれば
かなり近い色を選ぶことができるかもしれませんが、実際そんなに色数はありません。
たまたま合う色があるとイイですが・・・


その3、髪色に合わせて毛束を混ぜて色をつくる。
・・・例えば、画像のように赤系のブラウンをつくるには、ブラウンの毛束に赤味の強い毛束を
適量混ぜるんです。ブラウンと赤の比率をコントロールすることで
赤味を強くしたり弱くしたりすることが可能になります。


編み込みエクステのお店だと、”その3”の方法が使えるので色合わせしやすいですが、
チップや超音波エクステだと、選択肢は、”その1か2”になります。

ただし、どんな方法でも単色の毛束だけでは・・・なかなかうまくなじみません。


当店では”その3”の方法で色を合わせます。
さらに、「ベースの色・明るめの色・暗めの色」の3色をつくります。
どんなにキレイに染まっていても、髪には明るい部分・暗い部分が存在するからです。
(染めムラや、ハイライト・ローライトのある方は、もっと色数が増えることもあります。)
全体の仕上がりをイメージしながらベース・明るめ・暗めを配置することで、
ナチュラルなエクステスタイルは完成します。


髪を染めたばかりの方は、来店時にご相談下さい。
多少の退色を考慮した色合わせも可能です。
完全ではありませんが・・・


大幅なカラーチェンジしたばかりの方は、一週間位経過してからのエクステをオススメします。


テーマ:
 

馴染みを追求する・・・  大人のエクステ

当店では10代や20代の方はもちろん、30代や40代のお客様も多くご来店されます。

ショートやボブスタイルから、スグに髪を伸ばしたいキモチに年齢は関係ありません!


・・・ただ・・・大人の女性が、バレバレのエクステを付けたりしてると・・・


・・・ちょっとハズカシイですよね・・・


「地毛が伸びたの?」って言われるエクステこそ大人のエクステです!!


お客様の声はコチラ


ご予約はコチラが便利です(^^)











Ameba人気のブログ

Amebaトピックス