先日のレッスンで、お店屋さんごっこをしました。

焼きそばとわたあめの二つの屋台です。

まずは、商品を作るところからはじめます。



毛糸をほぐして麺を作ります。

指先に神経を尖らせて、みんな真剣!

毛糸のどの辺りを引っ張ると綺麗にほぐれるかな?

一本、二本とすすめていくうちに、どんどん上手になっていきますグッド!


次に具を作ります。

焼きそばには何が入っていますか?

2色の紙を見せると

「にんじん!」

「きゃべつ!」

元気な声でレスポンス爆笑

A君「お肉はー?」

今日の焼きそばはお肉なしです(笑)


人参はハサミ、きゃべつはちぎりで形にします。

ビリっと破かずに指先を合わせてちぎっていくのは、なかなか難しそうでしたが、根気よく何枚もトライできました拍手

紙はダイソーのカラーペーパーを使いました。

普通の折り紙と違って裏も色がついているので、使い勝手が良いです。


肝心のお店屋さんごっこでは、やはり子ども同士のコミュニケーションが課題だな、と再認識。

さっきの元気なレスポンスが嘘のようショボーン

知らないお友達とスムーズにやりとりするのは本当に難しいですね。

そのあたりを上手く引き出していきたいな、と思いました。

しかし子どもたちは楽しかったようで、作った焼きそばとわたあめを嬉しそうに持って帰りましたニコニコ

わたあめ…鞄の中は無事だったかな?