'18 6thキャンプは久々の海釣りで大物が…@「大洗キャンプ場」①初日 | 鯖が行く!ゴルフ(+camp +ski +Diving)あっちこっち

鯖が行く!ゴルフ(+camp +ski +Diving)あっちこっち

ゴルフやファミリーキャンプ、スキー、ダイビング(旅行・器材・水中写真&ビデオ)、ブックレビュー、育児など雑多につらつら~っと書いてます

《本年キャンプ日数:11日目》

2018年シーズン6回目のキャンプに行ってきました。

今回は、海釣りをしようということで、これまでに何度か行ってる、 茨城県大洗市にある、 「大洗キャンプ場」にいたしました。またもバンガロー泊です。

 

 

DAY①◆2018.10.27 (土)

 

この日の午前中は、二男・ゴン次郎のスイミングスクールの検定があったので、出発はお昼近くになってしまいました。ま、でもバンガロー泊だから気は楽です。検定は泳ぎきるだけなのであっさり合格。
 
常磐道方面なので、いつもは外環ルートで行くのですが、グーグル先生の指示に従い、首都高からC2周りで行きました。なんというか、グーグル依存は怖いッスね…。便利なぶん。
 
C2→常磐道→北関東自動車道「水戸南IC」で降り、14時前くらいに近場のファミマに着。
イスとテーブルがあるのでここでカップラーメンランチをとりました。
 
 
14時半過ぎにキャンプ場に着いてチェックイン。荷物をおろしてざっと設営をしたら、すぐ近くの釣り場、「大洗港」へ。この時点で15時前くらい。夕方がねらい目っていうし、ちょうどいいかなと。
 
 
で、サビキをセットして釣り開始。…が、まったくアタリが来ない。うむう、どうしたことだ??
どうも周りをみてもあまり釣れていない様子。あれ、潮が悪いタイミングなのかなあと思案し、サビキの竿2本にプラスして、ちょい投げの仕掛けを作り、携帯用の人工エサ「パワーイソメ」を付けました。↓

 

 

この人工イソメ、匂いもイイ匂いだし、臭さが全くない上にチャックも付いているので使い切る必要もないので、お遊び釣りには最適かと。ま、食いの良さでは天然には劣るんでしょうが。

 

 
それでもアタリらしいアタリがないまま、釣り始めて1時間くらいしたところで、ちょい投げをやってたゴン次郎が「おとうさん!!!タイみたいなのが釣れた!!!!」とワーワー言ってきたので、何言ってんだ…とみてみると、20センチくらいと小ぶりながら立派なタイが釣れておりました…。これにはビックリ。
 
 
恐らく真鯛だと思われますが、パワーイソメで釣れてしまうんですねえ。まあ、タマタマなんでしょうが。
とはいえ、この日はボーズで終わってしまう雰囲気だったので、1匹でも釣れて良かった良かった、と安堵していたところ、急にサビキにアタリが!釣れたのはどうやらイワシ。
 
ここから怒涛のイワシラッシュが急に始まりました。潮が変わったんでしょうかねえ?
15分かそこらで26匹が釣れました。やー、粘ってよかったねー。
 
 
11月にもなると暗くなるのも早いです。釣りを終えてからキャンプ場そばのスーパー「セイブ 食彩館大洗店」で買い出しを終えてお店を出るとすっかり日が沈んでました。
 
鯖が火を起こしてる間に子供たちが魚をさばきます。さすがに鯛はおろせないので鱗とワタだけ取って塩焼きにして、イワシは素揚げにすることに。魚をさばくのは割と慣れたもんで、たぶん父なんかよりうまいんじゃないかな?
 
↑ザ・ドヤ顔のゴン次郎           ↑ウロコ取り
↑ワタ取り中                   ↑素揚げのイワシ
 
塩焼きにした鯛はなかなかの美味でしたし、イワシも鉄板のうまさです。新鮮さだけはあるからなー。
それから普通にお肉を焼き、マシュマロやって~の流れのディナーでした。
 
↑焼き中                     ↑美味でした~
 
珍しくたき火タイムまで二人とも起きていたので、火を使ってちょっと遊んだりして就寝。
さ、明日は何するかねえ。
 
↑「花」模様                    ↑「4」?
 
つづく…


ファミリーキャンプランキング