ミャンマー出張食日記 2018.09

テーマ:

おまたせしました。いつもながらの食日記です。途中撮り忘れも多いですがご勘弁ください。

ミャンマーの食事は油は多いですが、基本的に日本食と似てる部分が多く食べやすいです。

国境を接する国が多くカレーや中華 パクチーなどもあります。

 

成田→ヤンゴン ANA 機内食 チキンとサフランライス 味は普通

 

今回の宿はローズガーデンホテルヤンゴン 4つ星です タイムセールで1泊1万円以下で予約できました。

 

ホテル朝食 定番のバイキング 炒飯は外せません

つゆ無し麺 油が多いがニンニクチップが効いています。

 

昼食は現地の食堂へ 空心菜・川魚の煮物(カレー風味)・チキンカレーなど

お店は独特の獣臭がしたが、数分経てば慣れていました。

夕食は地元のレストランへ 日本人ご用達です

つみれレモングラス 豆腐料理 海老チリ風など

空心菜人気です。

〆は麺 ミンチがトッピングされていて美味しいかった

3日目朝の朝食 パンは種類あります。

コーヒー・紅茶 ヨーグルトやパンケーキなど

野菜やハムの種類もありますね

炒め物や煮物など 奥では卵焼いてくれます。味噌汁などもあり

 

昼食はシンガポール風チキンライス かなり近い味でした

飛行機は深夜便なのでその前に中華 

お客様のオーダーしたザリガニの揚げ物 無理です><

ヤンゴン→成田 ANAの朝食 いつものやつですね。

 

今回もたくさんの料理を頂きましたが、どれもはずれはなかった。油を注意すれば食あたりもないと思います。

マンゴーがシーズンではなかったので食べれなかったのが心残りですね。また訪問すると思うので次回への課題w