ミャンマー出張

テーマ:

おはようございます。ワイズノートの横野です。昨日までミャンマーに出張してきました。昨年に続き収穫の多い出張となりました。ヤンゴン到着後J-SATさんがやられている日本語学校を視察 10か月でN3レベルに仕上げるすごく厳しいプログラムですが、皆さん優秀でした。いくつかのクラスを授業中に見せていただきましたが皆さん真剣に取り組まれていました。6月にはサクラタワー5Fに引っ越すそうです。ミャンマー人の学生の能力の高さには本当に驚かされました。しかも厳しいにもかかわらず学生が自主的に学び、生き生きとされていたのが印象に残りました。さらに優秀な学生はN2などをクリアする学生もいたようです。
 昼食後SKYSTARAUTOSERVICEさんの整備工場を見学 10台ほどのピットがありテスター診断などもできる工場でした。車検制度はちがいますが日本の認証工場といった感じです。分業制のようでエアコン修理などはほかに専門があるようです。ここではエンジン回りと足回り中心の修理・整備を行っているようでした。部品は日本製を輸入しているとのこと。中国製よりやはり信頼度を求められるようです。その後JETROヤンゴンでミーティング 日本での報道ではミャンマーへの投資額はここ数年減少しているとされていますが、実際は大型の公共投資などが数年前にあったので数字的には減少しているように見えているが実際は増えているとのことでした。確かに日系企業や日本人をたくさん街で見かけました。
 夕食はJ-SATの西垣社長と会食 ミャンマーに対する思いや日本人が失くしかけているものをミャンマー人が持っている点などわかりやすく説明していただきました。
 翌日は面接のアシストを行い昼食会後シュエダゴンパゴダにお参りに行ってきました。
 今回の出張でミャンマーの可能性の高さと日本の未来に対する危機感を肌で感じることができ今後に生かせる出張となりました。出張中皆様にはご迷惑をおかけしました!ありがとうございました。